帝王切開・出産

多くの子供がいる女性が、再び妊娠・出産。すべてスムーズに行くと思いきや産後にある異常に気づき、長い入院生活を送ることになった。女性を襲った病気や闘病生活について、『The Sun』などイギリスメディアが紹介している。


■6回目の出産を終えた女性

2018年2月のこと、イギリスで暮らすサラ・ハンフリーさん(41)が出産の日を迎えた。サラさんはシングルマザーだが子供は多く、出産はじつに6回目。

それまではすべて自然分娩でしかも安産だったというが、妊娠合併症があったことから、末っ子は帝王切開で出産することになった。その手術も終わり、サラさんはかわいい赤ちゃんと対面。元気な女の子を見て、無事に出産できたことに安堵した。


関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

■傷口からひどい匂いが…

帝王切開を終えほっとしたものの、しばらくするとサラさんは傷口あたりが妙にくさいことに気づき、我慢できなくなった。

「肉が腐ったようなニオイがする」と思い医師に相談して状態を診てもらったところ、匂いの原因は帝王切開の傷であることが判明。状態はかなりひどく、早急な処置が必要だった。

■手術を繰り返すことに

「壊死性筋膜炎です」と診断された女性は、さっそく壊死した組織を切除してもらうことになった。

しかし1回の手術では終わらず、毎週2度の手術を受ける生活を10週間も続けたという。その結果、サラさんの体重は19キロほど落ちてしまった。それでもようやく傷は癒えたが、ベッドで寝ていた時間が長すぎたことから、筋肉はすっかり衰えたという。


■不運が続くも前向き

サラさんは何度も手術を受けようやく退院できたものの、その頃には自力で移動することも困難な状態になっていた。

努力し徐々に体力をつけて赤ちゃんと散歩にも行けるようになったが、今度はヘルニアを発症。そこで電動車両を使用し始めたが壊れてしまったため、今は新車を買うためにインターネットで募金を呼びかけている。

楽しみにしていた出産の直後から、つらい時間が長く続いているサラさん。次はヘルニアの手術が待っているが気持ちは前向きで、「子供たちのためにも、早く普通の生活に戻れるよう頑張りたい」と明かしている。

帝王切開の傷から悪臭でトラブル連発 歩行困難になった女性が胸中を告白