10月31日ハロウィン。古代ケルトの収穫祭と年越し祭りが発祥の行事ですが、日本でも仮装や家の飾り付けなどをする人も増えています。しかし、なんといってもハロウィンの本場ともいえるのはアメリカ

 そんな本場のハロウィン装飾の家をジオラマ(情景模型)作家の藤平翔さんが、ジオラマにて再現。「アメリカ郊外の住宅をイメージし、誰もがアメリカを連想するような建物形状を意識しました」という、ウッドデッキのある下見板張りの一軒家です。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 藤平翔さんは、カーモデルで一般的な1/24スケールから、鉄道模型Nゲージで知られる1/150ケールメインフィールドとし、ジオラマ鉄道模型レイアウト、ミニチュア写真を発表しています。

 そして今回発表した作品は、ハロウィンの装飾があちこちにされているアメリカの住宅。

 大きさは1/24スケールで、家の前面は手より少し大きいくらいのサイズ。スチレンボード、木材、プラ板などを駆使して制作されています。

 家には、ダブルバンパーフロントフェンダー上のターンシグナルランプから、1960年代製と思われるフォルクスワーゲンビートルタイプI)の姿が見えます。

 このスタイル1968年ディズニー実写映画「ラブ・バッグ(The Love Bug)」で、主人公となったビートルの“ハービー”と同じもの。ボンネットフードにはコウモリ、ルーフにはジャック・オー・ランタンの装飾がされています。

 庭先にあるジャック・オー・ランタンカボチャをくり抜いて作るランタンですが、実はLEDが仕込んであり、光るんです。大きさは1円硬貨(直径2cm)と同じくらい。


 ハロウィンに間に合わせるため「超特急」の約40日で作品を仕上げた、という藤平さん。「通常は作品サイズにもよりますが、2か月~3か月くらいで制作しています」とのことなので、普段の半分くらいの期間で完成したようです。


 制作期間は短くても、ディティールなどの表現には手を抜いていません。家の裏手にはお墓、窓にはコウモリスプーク(おばけ)のステッカーが貼ってあったりと、住んでいる人がどのような暮らしをしていて、ハロウィンの装飾をしたのか……という情景が目に浮かびます。


 藤平さんは全体の雰囲気を重視したそうで「子どもワクワクしてお菓子をもらいに行く家にしたかったので、怖すぎずお洒落な雰囲気を目指しました」と語っています。

 藤平さんは少年時代ハロウィンの時期にお父さんに連れられアメリカに行ったことがあり、お父さんの友人宅に泊まって、その家の子たちと一緒に近所を回った思い出があるそうです。「今思えば、大人たちが本気で子どもたちを喜ばせる素敵なイベントだったと思います。ハロウィンを楽しむというのはその一度だけでしたが、その時のワクワクを表現したく制作に挑戦しました」と、作品作りに至った動機を話してくれました。

 ハロウィン気分満点のアメリカ住宅。藤平さんは自身のTwitter以外に、YouTubeでも、このジオラマの制作過程動画をアップしています。

<記事化協力>
藤平翔さん(@fujihira_sho

(咲村珠樹)

ハロウィン気分満点のアメリカン住宅ジオラマ お菓子はくれるかな?