動物たちが時折見せる面白い仕草は人の心をつかんで離しません。サルバトールモニター(ミズオオトカゲ)のブルーちゃんが見せた奇妙なポーズが多くの人に笑いを届けているようです。

 ケージのガラス面に手をついて大きく体を曲げ、まるでパントマイムのようにも見えるこのポーズには飼い主の彩華さん(@TAST_S)も「何その格好(笑)」とツッコまざるを得ませんでした。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 サルバトールモニターは体の大きさの反面、臆病な性格でとても活発に行動します。ブルーちゃんについても同様で、撮影の一週間前に引っ越しをしたばかりということもあり、環境変化の影響からかよく動くようになっていたのだそう。

 写真の撮影時は実は動画を撮ろうとしていた飼い主さん。カメラを持ってケージに近づきました。するとブルーちゃんはケージに手をつきピタリと硬直。ポーズを取ったまま静止してしまったのです。もしかすると飼い主さんの動きにビックリしてしまったのかもしれませんね。

 ちなみに今回のような面白ポーズ自体は、飼い主さんにとっては普段からよく見る光景。ときには左右に動いたりすることもあるのだとか。

 この様子を面白く感じてツイッターに投稿すると、3万件を超える「いいね」が付くなど大きな反応が寄せられました。

 返信欄には「鳥獣戯画」や「歌舞伎」「ジョジョ立ち」に見立てたコメントや写真が多く投稿されており、大喜利のような状態に。ブルーちゃんのポーズにさまざまな想像を掻き立てられているようです。「まさかこんな反響があるとは思わなくて、とてもびっくりしています」と飼い主さんも今回の反響の大きさに驚いた模様。

 おどけたポーズを見せたブルーちゃんのほか、彩華さんはサバンナモニターミドリガメアフリカヤマネなどたくさんの生き物たちと共に暮らしており、普段の生活の様子をツイッターに投稿しています。

<記事化協力>
彩華さん(@TAST_S)

(山口弘剛)

「鳥獣戯画」「ジョジョ立ち」面白ポーズのトカゲさんに爆笑