山・ハイキング・ハイカー・携帯電話・スマホ・スマートフォン

「山に入ったまま帰らない人がいる」。そんな通報を受けたレスキュー隊が本人に電話をかけたが無視されていたことを、『NBC News』などアメリカメディアが報じた。山中で大変困っていたはずの人物だが、応答をためらう理由があったようだ。


■ハイキング中に迷った人物

アメリカ・コロラド州エルバート山でハイキングしていた人物が、道に迷ってしまった。18日の午後8時になると、心配した関係者が「午前9時に出発したまま帰ってこない人がいます」と通報したため、レスキュー隊が現地に急行した。

レスキュー隊はいくつかのエリアをくまなく捜索したが、手がかりはなく、その日は発見することなく過ぎてしまったという。


関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

■ハイカーに電話をかけたが…

なかなか発見できず困ったレスキュー隊は、関係者からハイカーの携帯番号を入手し、連絡がつくことに期待して電話をかけてみたという。すると電話は鳴ったが、何度かけてもハイカーは出なかった。

そのころ、ハイカーは電話が鳴っていることに気づいていたが、無視したまま移動を続けていた。消息が途絶えて24時間が経過したころ、ようやく散策道に戻ることができ、19日には車にたどりついて無事に自宅に戻った。

しかし、最後までレスキュー隊が自分を捜していることに気づいていなかったそうだ。

■着信を無視した理由

自宅に戻ったハイカーは、自分が迷っているあいだに捜索が行われていたことを知って驚いた。レスキュー隊からの電話を無視した理由についても問われたが、「知らない番号からの電話だったから出ないほうが良いと思った」と明かしたという。

うっかり道に迷いひどく困った状態に陥ったものの、警戒心は強かったこのハイカー。そのせいで山で一晩過ごすはめになってしまったが、生きて帰ることには成功した。

なお、本人から誰かに連絡を試みていたかなどに関する情報は、現時点では公表されていない。


■当局はハイカーを擁護

当局はこの件をSNSで発表し、「予定通りに目的地に到着できなかった場合、知らない番号から電話がかかってもぜひ応答してください」「レスキュー隊が、無事を確認する目的で連絡を試みている可能性があるからです」と書き込んだ。

この投稿には「こんなときに電話に出ないなんておかしい」といったコメントが並んだが、当局はハイカーを擁護。パニックに陥っているときはウッカリすることがあると強調し、批判を控えるよう呼びかけた。

自力で自宅に戻ることができたハイカーは運が良かったが、もし電話を無視したまま山のもっと奥に迷い込んでいたら、最悪な結果が待っていたかもしれない。

山で迷ったハイカーがレスキュー隊の着信を無視 「知らない番号だったから」