マイクロチップ・手

チップガール」なるニックネームを持つ、女性のインフルエンサーをご存じだろうか。あるモノの代わりとなるマイクロチップを手の甲に埋め込み、その最先端のテクノロジーが大きな話題になっているのだ。インドの『Indiatimes』や『NEWS18』が報じた。


■マイクロチップは米粒サイズ

アメリカネバダ州のラスベガスで暮らすバーガンディー・ウォラーさんは、去年の夏に会計士である大富豪の男性にほれ込んでプロポーズ。以来、「@chipgirlhere」というアカウント名でTikTokなどのSNS美しいエディングフォトを度々公開しては、女性たちの羨望を集めてきた。

だがバーガンディーさんが注目されている理由は、じつは他にもある。なんと左手甲の親指の付け根に、米粒サイズマイクロチップを埋め込んでいるのだ。


関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

■通称「スマートハウス」

バーガンディーさんと夫はともに電子機器が大好きで、技術系の新興企業の創設者が所有していた豪邸を購入し、暮らしている。

だがその家は、玄関のみならず、食器棚やジム、寝室などいたる所に鍵がついているという。そこでバーガンディーさんは「いちいち鍵を持ち歩くのが面倒くさい」との理由で、マイクロチップキーを体に埋め込むことを決意した。

140万人いるフォロワーから「スマートハウス」と呼ばれているその豪邸。他にも、タッチパネルでパンの種類や焼き加減を設定できるトースターマグネットの仕掛けにより宙に浮かぶ小物入れ、さらにはスマートフォンで作動するスーツケースなどが紹介されている。

■再生回数は78万回超

マイクロチップを埋め込んでもらう直前の動画では、「いよいよこれから埋め込むわ。緊張する~」と話していたバーガンディーさん。

しかし帰宅して玄関のセンサーに左手をかざすと、ピピッという電子音とともに鍵が解除されてドアが開き、「オーマイガー! 傷跡は痛むけど、私の左手は鍵そのものよ。信じられる?」と大喜びしている。

夫も興奮を隠せない様子で、一連の動画は約78万回再生され、今なお拡散中だ。


■「なぜ家中に鍵が?」

バーガンディーさんはTikTokで、フォロワーから寄せられる質問にも度々答えている。

「そもそもなぜ家中にドアと鍵が付いているの?」という質問に対しては、「うちにはよく友達家族が遊びに来て泊まっていくの。就寝中なんかはプライベートが必要でしょう? しかもジムのマシンで子供たちがケガなんかしたら大変だから」という回答だ。

なお、万が一他人に鍵のデータを盗み取られた場合には、いつでも再プログラミングで変更することが可能だという。

手にマイクロチップを埋め込んだインフルエンサー 驚きの暮らしぶりを紹介