8/4、「しんかい6500」第1256回潜航(潜航者:野牧秀隆、海洋研究開発機構)サイト1、水深5351m。海底の亀裂。幅、深さともに約1m。亀裂は南北方向に走り、少なくとも約80m続く

8/4、「しんかい6500」第1256回潜航(潜航者:野牧秀隆、海洋研究開発機構)サイト1、水深5351m。海底の亀裂。幅、深さともに約1m。亀裂は南北方向に走り、少なくとも約80m続く

ニコニコニュース(オリジナル)

 海洋研究開発機構2011年8月15日東日本大震災の震源海域付近の海底で、長さ80メートルに及ぶ亀裂などを映した、写真と動画を公開した。

・震源海域の海底写真を見る
http://news.nicovideo.jp/watch/np74279

 映像には、震源付近から北北東におよそ150キロ、水深5351メートルの海底に、幅と深さ約1メートルの亀裂が、80メートルにわたって続いている様子が映し出されている。また別の水深3218メートルの海底にも、長さ数十メートルにわたる亀裂を確認。海洋研究開発機構は、これら海底の亀裂について「東北地方太平洋沖地震を含む一連の地震活動で、海底が変動したため生じたものと考えられる」と説明している。

 これらの写真や動画は海洋研究開発機構7月30日から8月14日にかけて、震災による深海生態系への影響、海水中の化学変化、海底の変動を調べるために震源海域の調査を実施し、有人潜水調査船「しんかい6500」による潜航調査で撮影されたもの。

 調査結果によると、三陸海岸東方の日本海溝海域の水深約3200mから5350mにおいて、海底の亀裂や段差、海底下からの湧水現象に伴うバクテリアマット・海底変色・ナギナタシロウリガイの生息、ウシナマコ類の高密度生息が確認された。

 今後は、調査結果の検討を進め、調査を継続していくとのことだ。

(三好尚紀)

◇関連サイト
・震源海域の海底「映像」を見る
http://www.nicovideo.jp/watch/1313465049
・震源海域の海底「写真」を見る
http://news.nicovideo.jp/watch/np74279
・[ニコニコチャンネル] ニコニコニュースちゃんねる
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch2525

8/4、「しんかい6500」第1256回潜航(潜航者:野牧秀隆、海洋研究開発機構)サイト1、水深5351m。海底の亀裂。幅、深さともに約1m。亀裂は南北方向に走り、少なくとも約80m続く