2021年10月19日に公示された第49回衆議院議員選挙は、10月31日に投開票されました。今回の衆院選は、立憲民主党共産党社民党れいわ新選組の4党が289ある小選挙区で候補者を調整。およそ213の選挙区で与野党対決となりました。

安倍晋三元首相
自民党の候補者を応援するため、全国を駆け回った安倍晋三元首相
 野党が候補者一本化を進めたことで、自民党公明党は危機感を強めました。そのため、自民党岸田文雄総裁や甘利明幹事長といった幹部クラスのみならず、安倍晋三議員、麻生太郎議員、菅義偉議員など首相経験者を応援演説に投入。いつもに増して、激戦となる選挙区が多く見られました。しかし、結果は自民党単独議席で絶対安定多数を確保。一方、政権交代を訴えた立憲民主党は改選前からの議席を減らし、枝野幸男氏は代表を辞任する意向を示しました。

 首相官邸取材歴が10年超のフリーランスカメラマン小川裕夫(@ogawahiro)が、衆院選の結果を解説します

自民は目標を大幅に上回る結果に

 第49回衆議院議員選挙は、岸田文雄総裁が率いる自民党が単独で絶対安定多数となる261の議席を確保。連立を組む公明党も32議席を獲得しています。岸田首相は「勝敗ラインを自公で過半数」と繰り返し述べてきました。自民党は改選前よりも議席を減らしましたが、目標を大幅に上回る結果を残しました

 一方、政権交代を目指した野党第一党の立憲民主党は支持の拡大を図ることができず、獲得議席は96にとどまりました。改選前の109よりも議席を減少しています。

 1999年自民党自由党と連立を組み、さらに、公明党も加わって自自公連立政権が発足しました。以降、20年以上にわたり自民党公明党は協力関係を築いています。

自民党と公明党の協力関係がもたらしたもの

吉村洋文副代表
日本維新の会吉村洋文副代表は全国を遊説。大阪での高い人気を背景に、議席数を大幅に増やした
 自民党公明党の協力関係は、政権運営だけではありません。選挙戦でも自民党が候補者を立てた小選挙区では、公明党は候補者を立てません。その替わり、自民党の候補者は「比例は公明」と訴える状況が生まれています。つまり、選挙でも協力関係にあるのです。

 他方、これまでの野党は与党に対抗する理念を共有しながらも、各党がバラバラに候補者を立てていました。そのため、候補者が乱立し、与党の批判票は分散していたのです

候補者が乱立すると野党は不利に…

山本太郎代表
東京8区をめぐる騒動で渦中の人となったれいわ新選組山本太郎代表
 小選挙区制は、その選挙区で1人しか当選者が出ない制度です。候補者が乱立すると、野党は獲得議席で不利になります。

 例えば、2017年衆院選における小選挙区で獲得した票を見てみると、与党(自民党公明党)が2733万3175票。対して、野党(立憲民主党希望の党日本共産党社民党)は2172万2706票。与党でも野党でもないことを標榜する日本維新の会は、176万5053票を獲得しています。

 与党と野党の票差は、約560万票。日本維新の会は閣外協力という形で与党に協力的なスタンスを取っていますが、仮に自公vs非自公(無所属・諸派を含める)という構図で見れば、2808万8912票となり、非自公のほうが多く票を獲得しています。

 しかし、選挙制度の特性から獲得議席は、自民党284公明党29で与党合計は313。対して、野党は119という大差になっています。

東京8区では立候補をめぐった騒動も

 こうした選挙制度の特性を踏まえ、野党も候補者を一本化する動きが生まれました。とはいえ、立憲民主党共産党国民民主党れいわ新選組社民党の5つの政党があるので候補者の調整は容易ではありません

 ほかの政党の候補者が自分の選挙区に出馬するとなったら、これまで有権者に支持をお願いしてきた立候補予定者は期待を裏切ることになるからです。

 実際、今回の衆院選では東京8区で野党一本化をめぐる騒動が起きています。

 国土交通大臣や自民党幹事長を務めた石原伸晃候補が連続当選している選挙区です。東京8区では、れいわ新選組から出馬した山本太郎候補と立憲民主党から出馬した吉田晴美候補がどちらも出馬を宣言したことで混乱が起きる一幕もありました

 候補者の一本化は野党共闘の旗印とされているため、野党間の話が大きくクローズアップされますが、与党でも起きています。

候補者の一本化は野党のみの話ではない

 例えば、東京15区では自民党の現職である今村洋史候補と無所属の柿沢未途候補が立候補しました。東京15区は秋元司議員の地盤でしたが、IR汚職事件で逮捕・起訴されたことから自民党は候補者からはずして、新たな候補者を立てることになったのです。

 今村候補は自民党東京都連が公認申請。ところが、選挙直前に自民党への入党を希望していた柿沢候補も東京15区から出馬することになり、自民党は両者を公認候補とせず、推薦という形にしています

 また、静岡5区は長らく民主党政権で環境大臣を務めた細野豪志候補の地盤でしたが、後に細野候補は無所属議員ながらも自民党の会派に入会。そのため、自民党系の議員として目されるようになりました。しかし、自民党は静岡5区に公認候補を擁立。立憲民主党も公認候補を立てる乱戦になりました。こうした争いはありましたが、今回はおおむね与野党が対決する構図となり、政権交代が注目されたのです。
 
 これらの選挙区の結果を見ると、東京8区は立憲民主党の吉田候補が勝ちました。東京15区は無所属の柿沢候補が勝ち、自民党から追加公認を受けることになりました。静岡5区の細野候補も無所属で勝ち上がっています。

立憲民主党、日本維新の会の動向は

 衆院選直前に選出された岸田文雄首相は、就任から日数が浅いために有権者に訴求できる実績がありませんでした。そのため、コロナ対応を徹底することやその後の経済対策などを街頭演説で粘り強く訴えました自民党は知名度の高い安倍晋三麻生太郎菅義偉という3人の元首相を接戦の選挙区に惜しみなく投入。

市井紗耶香さん
自身は立候補していないが、応援演説で下支えした市井紗耶香さん
 一方、2017年よりも一本化が進み共闘のイメージを強く打ち出す立憲民主党は、「変えよう。」をキャッチフレーズに選挙戦を展開。立憲民主党にも菅直人野田佳彦という2名の首相経験者がいますが、こちらは主に自分の地盤に近い選挙区を中心に応援に回りました立憲民主党衆院選に不出馬ながらも、2019年参院選に立候補し、次点で涙を飲んだ市井紗耶香さんが応援弁士として駆け回っています。

 自公連立にも野党連合にも与しない日本維新の会は、地盤である大阪で手堅く固めました。その一方、大阪圏外でも勢力を拡大するために吉村洋文大阪府知事が票の掘り起こしのために全国を回っています

 前回の衆院選自民党276議席を獲得しましたが、これ以上の上積みは現実的ではありません。そのため、自民党がどれほど議席を減らすのか? といったことが、今回の衆院選のひとつの注目ポイントでもありました。しかし、岸田総裁は議席を大幅に減らすことなく、衆院選を乗り切りました。

与野党が打ち出した「分配政策」

枝野幸男代表
枝野幸男代表は野党連合を呼びかけて全国を駆け回った
 ここまで、今回の衆院選をめぐる各党の置かれた状況を説明してきました。本来、選挙は政権与党がきちんと成果を出せたのか否かを有権者が判断するものです。また、今後はどんな政策を優先して取り組むのかといったロードマップを示す機会でもあります。

 しかし、今回は与野党がぶつかり合うような大きな争点は見当たりませんでした。そのため、政策的な議論が活発にならず、政権与党の信任・不信任を問うような選挙に終始しました。

 それでも与野党ともに打ち出していたのが、分配という経済政策です。岸田総裁は自民党総裁選のときから「新しい資本主義」を掲げ、成長の果実を分配すると宣言していました。岸田総裁の分配政策は次第にトーンダウンしていきますが、立憲民主党も言葉は異なるものの目指す方向性は分配だったことから、自民党との差別化を打ち出し難くなっていました。

あえて勝敗をつけるなら勝者は…

 そうしたなか、日本維新の会だけが分配政策に異を唱え、改革を主張していました。日本維新の会は大阪を中心に支持を広げてきました。今回の衆院選では小選挙区で擁立した候補者全員が当選。大阪の支持をさらに盤石にしたほか、比例でも多くの票を集めて全国で躍進しました。日本維新の会は小選挙区と比例で41議席を獲得するなど、改選前から議席数を3倍以上に増やしています。

 自民党立憲民主党も議席を減らしたので痛み分けといった結果になりましたが、あえて勝敗をつけるなら日本維新の会が勝者といえる結果です

 こうした結果を見ると、今回の衆院選で政治的な変化は見られないと感じるかもしれません。しかし、日本維新の会は政権に加わっていないながらも憲法改正には前向きで、改憲勢力と位置づけられています。

選挙結果にほかにも大きな変化が…

 日本維新の会が躍進したことで、改憲勢力は衆議院で3分の2を超えました。与党だけではなく、野党の日本維新の会憲法改正に前向きという位置付けのため、改憲議論が加速し、憲法改正が現実的になったのです。

 今回の衆院選は、ほかにも大きな変化がありました。それが、世代交代という波です。例えば、閣僚を歴任した自民党石原伸晃候補や幹事長として選挙の舵取りを担った甘利明候補は小選挙区で敗北。石原候補は比例復活もできませんでした。

 立憲民主党から出馬した大物議員でも、過去に幹事長などを歴任した小沢一郎候補や14戦無敗の男と言われた中村喜四郎候補が小選挙区で敗北。2人とも比例復活していますが、両者が小選挙区で負けることは以前なら考えられない出来事です。

結局、戦後3番目に低い投票率に

岸田文雄首相
岸田文雄首相は就任からわずか1か月で衆院選に臨み、うまく乗り切った
 最後に、投票率も見ておきましょう。今回の衆院選は、投票率が約55.9パーセント。戦後3番目に低い数字でした。

 有権者の関心が低いことが投票につながらないことは言うまでもありませんが、その一因には公示日以降に政治や選挙に触れる機会が少なくなるという背景があります。

 先の自民党総裁戦に比べると、衆院選テレビでの取り扱い時間が少ないとの批判が出ていました。

 公職選挙法の縛りを受ける衆院選は、特定の候補者や政党に偏らないように配慮することが求められますテレビ番組では政治だけではなく、芸能やグルメなど多くの分野を扱います。そのため、どうしても政治に割ける時間が少なくなります。

有名人が積極的に投票を呼びかけた

YouTube
YouTubeVOICE PROJECT 投票はあなたの声」より
 まんべんなく候補者や政党を取り上げることができない事情が生まれ、その結果として衆院選を扱わないという判断になってしまうのです。テレビなどで目にしないと、なかなか有権者の関心は高まりません。その一方、発信力のある人たちがツイッターなどのSNSなどを使って盛んに投票を呼びけるといった兆候も出てきました

 俳優の古舘寛治さんは、ツイッターで投票率を向上させる取り組みを開始。「投票倍増委員会」のハッシュタグを使って投票を呼びかけました。

 また、若年層に人気の高い小栗旬さん・二階堂ふみさん・菅田将暉さん・橋本環奈さんなど14人の俳優やアーティストによる動画「VOICE PROJECT 投票はあなたの声」がYouTubeアップされてもいます。「VOICE PROJECT 投票はあなたの声」は10月16日アップされ、投票日までに再生回数は67万回を突破しています。

 これまで芸能人が政治に触れることはタブーとされていただけに、芸能人が投票を盛んに呼びかける取り組みは注目に値する動きといえるでしょう

<取材・文・撮影/フリーランスカメラマン 小川裕夫>

【小川裕夫】

フリーランスライターカメラマン1977年静岡市生まれ。行政誌編集者を経てフリーに。首相官邸で実施される首相会見にはフリーランスで唯一のカメラマンとしても参加し、官邸への出入りは10年超。著書に『渋沢栄一と鉄道』(天夢人)などがある Twitter:@ogawahiro

岸田文雄首相は就任からわずか1か月で衆院選に臨み、うまく乗り切った