【動画はこちら】

10月31日に行われた衆議院選挙で、宮城2区で当選した立憲民主党の鎌田さゆり議員(56)のツイートが物議を醸しています。問題となっているのが下記のツイート

鎌田議員は、街頭演説などで「動物愛護」を訴えており、動物好きから支持を集めていました。

そして、選挙活動中には「仙台メリー」という鎌田議員が選挙期間の直前に飼い始めた小ヤギも同伴させていました。

しかし、選挙が終わった11月3日「最後まで責任を持って寄り添い育てることは困難で栗駒の里親さんに育てて頂くことに」とTwitterに投稿、多くの厳しいコメントが寄せられています。

投稿には「選挙終わったら用済みなの?!」「都合よく利用しないで!」「動物愛護を利用しないで!」「動物はモノじゃない。最後まで責任持てないのなら動物に手を出さないで欲しい」など旨のコメントが寄せられています。

10月6日の公式YouTubeチャンネルには「ヤギさんがやってきた」という内容の動画が投稿されていることからも、この辺りから「仙台メリー」が飼われ始めたことが分かります

こんなやりとりも。

その後、多くの批判を受け、鎌田議員は「仙台メリー」を里子に出すことを撤回し、自分で飼うことにしたとTwitterに投稿します。

しかし、炎上は収まらず、「飼う事になった経緯と手放す事になった経緯をちゃんと説明してほしい」「いやいやならやめてほしい」「ヤギがかわいそう」などの旨のコメントが寄せられています。

【動画はこちら】

「選挙終わったら用済みなの?!」動物愛護を謳い、小ヤギを選挙活動に同伴させて当選の議員、選挙が終わった途端ヤギをポイしようとして物議!