有吉・マツコ

5日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で「家に大量にあるとイヤなモノ」について有吉弘行マツコ・デラックスが熱弁。視聴者からさまざまな意見が殺到している。


◼食卓にトイレットペーパーはあり?

「親がトイレットペーパーティッシュ代わりに食卓で使うのがイヤ」だと嘆く視聴者からの投稿を受け、有吉とマツコも「イヤかな」と共感する。

トイレでの自身の行為、トイレそのものを思い出してしまうのが、トイレットペーパートイレ以外で使用したくない理由だと2人は分析。

「(食卓に置く家は)そういう家なんだなと思う。こんなところにお邪魔してメシ食いに来た自分を恥じる」とグチが止まらない有吉に、マツコも思わず「もっと追い込んだ」と苦笑した。


関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

◼昭和のトイレ事情

ここからトイレットペーパーではなく「ちり紙をトイレに積んでいた」と昭和のトイレ事情をマツコらは回顧。

幼いころはまだくみ取り式のトイレだった有吉は「なんで水洗トイレにしないのかな?」と不満だったが、「お袋が月1回来てくれる、くみ取りの清掃のおじさんが『石原裕次郎に似ている』って言っていた」と言及。

母親の女性としての一面が垣間見えて「イヤだなぁ」と感じていたと笑う。

◼有吉が嫌悪感

有吉・マツコ世代がトイレ以外でトイレットペーパーを使用するのを敬遠するのは「よりハードだった」幼いころのトイレ事情が関係しているとした有吉。

「今でもほら、スゴいスニーカー好きですとか、靴いっぱい持っている人いるじゃん。でもなんか俺、靴いっぱいってイヤなんだよな」と嫌悪感をにじませていく。

使っていない、収納しているとしても「家に靴がいっぱいあるっていうのがイヤ」だと主張。

「(複数の靴を使っていれば実際は)別に臭いもんじゃないし。それでも靴っていうのはちょっと汗吸って、イメージ的にあるじゃない? シューズとかも臭えなって、あのイメージあるからちょっと家に靴いっぱいあるとイヤだなって。『ちょっと断舎離しませんか?』って」と持論を展開した。


◼視聴者は賛否

マツコも途中から有吉の主張に「私も日常使いの靴が何十足もある人は苦手かもしれない」と賛同。叶姉妹のようにファッションも仕事に必要な人ではなく、一般的な生活をしている人が大量に靴を持っている点には納得できないと明かした。

視聴者は「すげーわかる」「有吉さんわかる! 靴いっぱいは無理です」と有吉&マツコに共感。

しかしその一方では「靴そんなにいる? って気持ちもわかるけど、コレクションとして集めたいって気持ちもわかるなあ」「履かないけどさ、飾ってあってもいーじゃん。色違いもいーじゃん」と靴を大量に保有する気持ちを理解する声も少なくなかった。

有吉&マツコが家に大量にあると嫌悪感覚えるモノとは 「断捨離しません?」