2005年11月15日、黒田慶樹さんとの結婚式と披露宴の日を迎えられた紀宮さま(現・黒田清子さん)。ご結婚により皇族としての身分を離れられるまで、内親王として本格的に公務に励み、外国を公式親善訪問したのは、紀宮さまが初めてでした。ジャーナリストの友納尚子氏による「サーヤのご結婚 その全真相」(「文藝春秋2005年1月号)を特別に全文公開します。(全3回の1回目/#2#3に続く)

(※年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)

◆ ◆ ◆

 11月25日。いつのまにか、髪に白いものが目立つようになった秋篠宮殿下は、例年どおり紀子妃とともに39歳の誕生日を控え会見を行った。

 会見のやりとりは宮内記者会が事前に提出した質問に沿って行われる。この日、記者たちが特に注目していた質問は、2004年5月に皇太子殿下が「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と発言されたことへの感想だった。当時、この皇太子発言を重く見られたのだろう、天皇皇后両陛下は会見内容を確認されるとともに、後日、湯浅利夫宮内庁長官らを御所によばれている。

初めて公の場で苦言を呈す

 秋篠宮さまは、言葉を選びながら次のようにお答えになった。

「その発言について、私も少なからず驚いたわけですけれども、陛下も非常に驚かれたというふうに聞いております。私の感想としましては、やはり少なくとも記者会見で発言する前に、せめて陛下とその内容について話をして、その上での話であるべきではなかったかと思っております。そのところは私としては残念に思います」

 思わぬご発言に、宮内庁担当記者は驚きを隠せない。

「内容に直接言及されたわけではありませんが、皇太子殿下の行動に、弟君が公の場で苦言を呈したのは初めてのことです。皇太子殿下が2月の会見でおっしゃった、雅子妃の『東宮御所での生活の成り立ちに伴う様々な苦労』についても、『私ちょっと、どういう意味なのか理解できないところがありまして、前に皇太子殿下本人に、どういうことなのか尋ねたことがあります』と、疑問を投げかけています」

 秋篠宮さまは、あくまでも個人的な意見であると前置きされた上で、なお次のようにも述べた。

「私がいつも思っているのは、自分のための公務は作らない。つまり、自分がしたいことというのは、いろいろあるわけですけれども、それがイコール公務かどうかはまた別ですね。ですから、公務というのはかなり受身的なものであるのではないか。こういう行事があるから出席して欲しいという依頼を受けて、それを受けてその務めをするという。私自身はそういう風に考えて、今までずっと来ています」

 公務に対して自分の意思は抑制的であるべきだ――。このご発言も、皇太子2004年2月のお誕生日会見で、「今の時代にあった公務のあり方を、宮内庁も含めて真剣に考えていただきたい」と要請した内容に、呼応したともとれる。

 前出の宮内庁担当記者は、こう感想を洩らす。

「秋篠宮殿下がご自分なりの皇室観を打ち出されたということではないでしょうか。お世継ぎの問題や雅子妃の体調不良に悩まれる兄君の皇太子殿下に、メッセージを送っているようにも受け取れます。秋篠宮殿下は皇太子殿下と比べると、一歩退いてこられた印象がありますが、今回は一歩前に踏みだした自信に満ちたご発言だと思いました」

「間違いなく黒田さんを選ぶだろう」

 12月下旬にも正式発表が予定される、紀宮清子さまのご婚約。そのお相手は秋篠宮さまと学習院初等科からのご学友である、黒田慶樹さんである。

 このご結婚でも、秋篠宮さまは大きな役割を果たされた。秋篠宮、黒田さんの学習院の2年下で、高等科では写真部、大学では「自然文化研究会」の後輩だった土屋光敏さんは、「もし秋篠宮さまが選ぶのであれば、間違いなく黒田さんを選ぶだろうと思います」という。

「秋篠宮さまの周囲には、初等科時代からのご学友を中心に20名ぐらいがいつも集まっていました。黒田さんはそのなかでも特に宮さまを支えていた印象があります」

 秋篠宮さまは4つ年下の妹・紀宮さまのことをなにかと気にかけ、秋篠宮邸での集まりに呼んで、紀宮さまが子どもの頃に面識のあった黒田さんと自然な形で再会させた。婚約が内定するまでも、普通の交際は難しい二人のために、紀子妃と共に仲立ちを惜しまなかったという。

 かつては天皇家の自由奔放な次男坊というイメージだった秋篠宮が、一家の長年の懸案であった紀宮の結婚問題を、見事にまとめてみせたのだ。

 会見で秋篠宮さまは、湯浅宮内庁長官の『(秋篠宮さまに)3人目を強く希望したい』という2003年の発言についても、「宮内庁長官の立場としてそれについて話をするのであれば、そのようなことを言わざるをえないのではないか」と理解を示された。秋篠宮さまに男児が生まれれば、3番目の皇位継承者となる。

紀宮さまからのメール

 11月14日未明、ご学友のひとりは、紀宮さまからのEメールを受け取った。

〈今朝の報道で驚かれるかもしれませんが、そういう事の運びとなりました〉

 朝日新聞が婚約内定をスクープしたその朝に、これから取材が殺到するであろう友人たちに、紀宮さまらしい気配りをされたのである。

メールはお相手のことには触れず、いつもと変わりない淡々とした内容でした。そこにかえって、家を出る覚悟のような強い意志が感じられて、心の底から喜びが溢れてきました」(学習院同級生

 紀宮さまはご結婚によって内親王の身分を離れ、皇籍離脱される。ご両親に大切に守り育てられた東宮御所と皇居から、初めて外に一歩を踏み出されるのには、大きな決意が必要だったことだろう。

「長い間、紀宮さまはご結婚そのものに乗り気ではないご様子でした。皇后陛下とよく似ておられるのですが、純真無垢な、どことなく夢みがちなところがあって、結婚に関しても、いつか“白馬の王子様”が現われるという印象をお持ちのようでした。兄宮お二人が独立されてからは、ご両親のお側にいたいというお気持ちも強かった」(宮内庁関係者)

紀宮さまに懐いていた眞子さまと佳子さま

 そんな紀宮さまのご心境に変化が訪れたのは、2003年1月、天皇陛下前立腺ガンの手術を受けられたことが、大きく関係していたのではないか、とこの宮内庁関係者は指摘する。

「70代に入られたこともあり、両陛下は紀宮さまのご結婚を、具体的に考えるようになられたのではないでしょうか。その現実を、紀宮さまご自身もよく理解された。また紀宮さまが将来的にはお子さまを望まれていることもあり、35歳という年齢もひとつの区切りになったのではないでしょうか」(同前)

 近年、紀宮さまは、「子どもは、ほんとうに可愛いですね」と口にするようになったという。秋篠宮家の眞子さまと佳子さまが皇居にくると長い時間、皇后陛下と4人で遊ぶ姿が見られた。お二人とも紀宮さまにたいへん懐いているという。

 ご専門のカワセミ研究のために赤坂御所を訪ねたときも秋篠宮家に立ち寄られ、カワセミの巣立つ春には、観察のために秋篠宮邸に泊まることもあった。天真爛漫な姪たちや、秋篠宮家の団欒に触れるにつけ、紀宮さまの「家庭」への憧れは、実感となっていったのかもしれない。

極秘裏に進行した紀宮さまのご縁談

 紀宮の結婚にむけて、極めて少人数からなる“プロジェクトチーム”が動き始めたのは、2003年の春ごろだった。

「秋篠宮さまの働きかけは、もちろん両陛下とご相談しながらのことです。それまでに名前のあがった候補者で宮内庁幹部の頭の中から消えていなかったのは、黒田さんだけでした。黒田さんと秋篠宮さまは定期的に会ってはいるものの、当時は、黒田さんに結婚する意思があまりなく、紀宮さまもまた同じ状況でした。お二人が自然に会うにはどうしたらいいか、天皇家の侍従が協力する形で、秋篠宮さまがリーダーシップをとられた。しかし、ご一家のなかで、皇太子殿下と雅子妃は寸前まで、紀宮さまのご結婚話を知らされていなかったのです」(皇室関係者)

 2003年夏、紀宮さまと黒田さんのお二人で会う機会が設けられた。このとき黒田さんは、紀宮さまの清楚だが芯の強い様子にすっかり魅せられて、ひとりの女性として意識するようになったという。

「黒田さんのほうから、秋篠宮殿下にお話を具体的にすすめてもらうように頼んだのではないか、と言われています。お二人のやりとりは手紙から始まり、紀子妃が橋渡ししてメールアドレスを交換すると、黒田さんはメールに心情を書き連ねたそうです。その情熱的な様子は、皇太子殿下が雅子妃にプロポーズした当時を彷彿とさせるものがありました。しかし紀宮さまの心は、なかなかご決断へとは至らなかったのです」(同前)

黒田さんと紀宮さまが自然に会話を交わせるように

 秋篠宮家には「さんまの会」という集まりがある。「まっとうな人が、まっとうなテニスと、まっとうな酒を楽しむ」という「3つのま」から名づけられたこの会には、秋篠宮さまと紀子さまが学習院大学時代に所属されたサークル「自然文化研究会」などの友人を中心に、秋篠宮さまの鳥類研究の関係者も参加する。赤坂御用地内のコートでテニスを楽しみ、夕方からは懇親会となる。

 黒田さんはもちろん常連メンバーのひとり。この会に2003年夏以降、紀宮さまが宴席にだけ参加することがあった。秋篠宮さまと紀子妃が、お二人が自然に会話を交わせるよう配慮したという。

2003年の秋篠宮殿下の誕生日会見の日も、黒田さんは秋篠宮邸にいました。紀宮さまは黒田さんの熱意と誠実さに、しだいに心を動かされていったのではないでしょうか。その後、12月13日に、さんまの会とは違いますが、秋篠宮家でテニスの集まりが開かれた。宴席に加わられた紀宮さまは黒田さんのかたわらで仲良く談笑されていたそうです」(同前)

 時を同じくして雅子妃が帯状疱疹で入院され、公務を休まれることになった。はからずも記者の注目は皇太子ご一家に集まり、紀宮さまのご結婚話は、極秘裏に進行していたのだ。

 2004年2月。天皇皇后両陛下が紀宮をともなって突然、赤坂御所を訪れた。観梅のためと説明されたが、皇室のしきたりでは、天皇を皇居に訪ねることはあっても、その逆はきわめて珍しい。雅子妃へのお見舞いを兼ねていたが、実はこの時、天皇皇后両陛下は秋篠宮家にも立ち寄られ、黒田さんと会われていた。この時点で、ご婚約はほぼ決定したといっていいだろう。

(文中一部敬称略、#2に続く)

「妹を泣かせて悪いお兄さんでした」秋篠宮さまが、黒田清子さんの夫・慶樹さんを信頼した“本当の理由”《時間内にちゃんとリアクションがある》 へ続く

(友納 尚子/文藝春秋 2005年1月号)

2005年11月15日、結婚式後の記者会見での黒田慶樹さん、清子さん  ©JMPA