「一貫して完全犯罪をもくろんできた」検察側が断罪した、松永太のあまりに残虐な犯行 から続く

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。

 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連載第80回)。

松永と緒方の写真を見せられ「どういう関係か」と尋ねられ

 2003年5月2日福岡県北九州市にある飲食店で、私はある女性と向き合っていた――。

 松永太と緒方純子が逮捕されてから約1年2カ月後のことである。そのとき彼らはすでに2件の監禁致傷罪と詐欺罪、強盗罪及び、6件の殺人罪で起訴されており、あと1件、緒方の妹の夫である緒方隆也さん(仮名、以下同)への殺人罪で追起訴されると見られていた(追起訴は同年6月20日)。また、この19日後の5月21日には福岡地裁小倉支部で、初めて彼らが殺人罪で裁かれることになる、第3回公判が開かれる予定だった。

 私の前にいる女性の名前は川口成美さん。取材時の年齢は20歳で、まもなく21歳になるという。中肉中背で肩の少し下まで髪を伸ばした彼女はほぼノーメイクで、派手な印象のまったくない、どちらかといえばおとなしそうな女の子だ。

 成美さんのもとに福岡県警の捜査員がやってきたのは02年の3月か4月のこと。捜査員は彼女に松永と緒方の写真を見せ、「彼らの自宅にあなたの顔写真と住所があった。どういう関係ですか?」と尋ねてきたのである。

カラオケボックスの常連客

 捜査員が示した男女の顔写真には見覚えがあった。その1年前の01年、成美さんは北九州市小倉北区にあるカラオケボックスで働いており、そこに常連として来ていた男女だったのだ。自分の写真を撮られた覚えは彼女になかった。

 その場で捜査員から、写真の男女が世間で話題の「少女監禁事件」の犯人であると聞かされて、成美さんは驚いた。しかしその後、彼らの連続殺人が発覚していき、「北九州監禁連続殺人」の犯人であることを知るに至って、彼女は心の底から慄くことになる。というのも、成美さんはカラオケボックスに勤めていたとき、松永からずっと口説かれていたのだ。

 以下、新たな“金づる”を求める松永の“標的”となった、成美さんへの取材で語られた内容を記す。

歯科大の教授と看護婦だといつわって

「あの人たちが店に来ていたのは一昨年(01年)の夏頃です。だいたい1~2週間に1回の割合で来ていました。松永は黒っぽいスーツネクタイ姿で、髪型はテレビに出ているのと同じです。緒方はいつもカーディガンを羽織っていた記憶があります。ただ、来ていたのはあの2人だけでなく、もう1人、30代後半くらいの女性が一緒にいました。その人はスカート姿で、いつも地味な格好でした」

 彼らが店にやって来るのはいつも午後9時から12時頃で、一度だけだが午前6時まで店にいたこともあるそうだ。

「松永は歯科大で1週間に1回、講座があると言ってました。女2人は看護婦で、年長に見える緒方は自分は婦長だと説明していて、『先生(松永)に誘われたら付き合わないかんのよ』と口にしていました。横にいた女性はいつも無口で、喋った記憶はありません」

 松永は3人で部屋に入っても、いつもグラス4つを持ってくるように注文していた。

「余ったグラスで(店の)バイトに飲ませるためです。私が部屋に持って行くと、いつも飲むように言われていて、こちらが『忙しいのですみません』と断っても、『いいけ、ちょっと座り』と強引でした。そのときに『僕は川口さんのことが好きだから』と言われたりもしました。そんなとき、緒方も『付き合うとかできんやろうけど、相手しちゃってね』と松永をフォローするんです。とにかく、(注文を持って)行ったらすぐに帰れないから、店のスタッフはみんな、あそこに行くのは嫌がってましたね」

教えてないはずの携帯に電話がきて「飲みに行こう」と…

 彼女が店内で掃除をしていたら、後ろからやってきた松永にお尻を触られ、「がんばれよ」と言われたこともあったと明かす。

「それであるとき、教えてないはずの私の携帯に電話がかかってきて、『飲みに行こう』って。そのときに『1人で行くのは怖いだろうから、(同僚の)男の子と一緒に行こうか』って言うんです。なので、一度だけ飲みの約束をしたんですけど、男の子の都合が悪くなって、飲み会は流れました。警察の人が来ていろいろ聞かれたときに、もしあのとき行ってたら、大変なことに巻き込まれてたんじゃないかって、身震いしました」

 幸運にも難を逃れることができた彼女の証言により、計7人を殺害した後の、松永による“標的”探しの実態と、そのサポートを緒方がしていたことが明らかになった。残念ながら、その場に一緒にいた女性が誰であるか、確証に至る情報が得られなかったため、この場での特定はできないが、緒方以外の協力者がいた事実には興味深いものがある。

飲み物を持って行くと「飲んでいけ」と酒を飲まされて

 私はこの取材の翌日、成美さんのカラオケボックスで働いていたときの同僚に、話を聞くことができた。松永との飲み会に一緒に行くことになっていた「男の子」である。

 彼、金田輝幸さんは取材時22歳で、松永らが逮捕される少し前まで同店でアルバイトをしていた。

「いつも3人で来ていましたが、松永は『ヨシさん』と呼ばれていて、緒方は松永から『おい』とかしか呼ばれてないから、名前はよくわかりませんでした。あと、もう1人の女性については、松永と緒方から『鬱病があるから、あんまり喋らん方がいい』と言われていて、ほとんど話していません」

 金田さんもまた、カラオケボックスでは、松永がいる部屋に飲み物を持って行くと、「飲んでいけ」と酒を飲まされていたと話す。

「1万円あげるから、川口さんの電話番号を教えて」

「これまでどういうことをしていたかとか、生い立ちなんかを聞いてきました。出身地や学歴、それから趣味や、したいことがあるかどうかとかです。松永は自分のことについて、東大を出て医者をやっていて、各地を転々としてると話してました。出自について、もともと自分は女郎屋の息子なんだ、と。東京の中学を出てから大検を受け、勉強をしてきたんだって……。それで、『俺も大検を受けたけ、俺がカネを出すから、お前も大検を受けて大学に行け』と言われてました」

 01年の夏から店に来るようになった松永は、成美さんと同じように、しきりと金田さんにも声をかけていた。

10月11月くらいに、話のなかで僕が給料日前でおカネがないと言ったら、1万円を財布から出して『とっとけ』、と。いいですと断りましたが、緒方も『貰っときなさいよ』と言うんで、貰いました。そのときを含めて、1万円のチップを3回くらい貰ってます」

 松永は「生活費に使え」と言って、金田さんの所持金が少ない月末にカネを渡してきたと語る。

「『1万円あげるから、川口さんの電話番号を教えて欲しい』と言われたこともあります。松永は『川口さんと結婚したい』と話していて、仲を取り持って欲しいと頼まれてました。緒方は松永がいるときは彼の言葉に合わせてましたが、トイレとかでいなくなると、『(松永の言う通りに)せんでええよ』や『気にせんで』と口にしていました」

引っ越し祝いだとやってきて、起きたら部屋の掃除をしていた2人

 また、金田さんから引っ越しをしたことを聞いた松永は、12月に彼の部屋を緒方とともに訪れていた。

「松永が『引っ越し祝いをしてやるけん』と言って、緒方と2人で来たんです。そのときに緒方から『これ、おいちゃん(松永)から』と言って、掃除機を貰いました。やって来たのは午後8時頃でしたが、焼き肉用の肉や野菜、つまみやビールなんかも持ってきていて、部屋飲みをしました。松永はいつもビールを飲んでいて、どちらかというとカラミ酒なんです。その日もひっきりなしに、『テル(金田さん)の力になりたい』と言っていて、熱い口調で『テルが好きやけ。まだまだこれからがあるけ、頑張れよ。困ったことがあったら、助けちゃるけ』と酔って言いながら、涙を見せたりしていました。その日、僕は先に潰れて寝てしまったんですね。それで1時間くらいして起きたら、松永と緒方が『家が汚いから』と部屋の掃除をしていました。それから普通に喋って、朝方に帰っていきました」

 殺害された広田由紀夫さんに近づいた際も、このような調子だったのではないかと思しき光景だ。さらに金田さんが寝込んでからの出来事についても、実際のところは、掃除に見せかけた、弱みを握るための“家探し”だったのではないか、との疑問も湧いてくる。

松永は「男気のあるおいちゃん」、緒方は「品のいいおばちゃん」

 松永はカラオケボックスで金田さんと会うたびに、「飲みに行こう」と誘ったという。それは成美さんが話していた通り、彼の都合が悪くなるなどして実現しないこともあったが、金田さんの場合は、仕事終わりに松永や緒方らと一緒に飲むこともあったという。

「松永はホテル暮らしだと話していて、緒方は福岡に住んでいると説明していました。あと、緒方は、もう1人の女性に会いに来たついでに、うちの店に寄っていると言っていて、緒方の職場は保育園で、その女性はどこかの国立大学の教師だという話でした。年末以降は、店には松永と緒方の2人で来てましたが、彼らの関係は友達だと思っていました。というのも、松永が緒方の弟と同じ学校だと話していたし、緒方の方が老けて見えましたから」

 金田さんが勤務先のカラオケボックスで、彼らと最後に会ったのは02年1月のこと。

「その後、1月か2月に緒方から電話があって、『今度店に行くから、そのときにまた話そうね』と言われたのが、最後の会話です。事件について知ったのは(02年)3月でした。警察の人がやってきて、もう、めちゃくちゃ驚きましたね。たしかに、松永が医者とか言ってるのは明らかにおかしいとは思ってたんです。でも、僕は騙されてもいいか、と。それはそれでいいかなと思ってましたから」

 金田さんは松永について「男気のあるおいちゃん」、緒方については「品のいいおばちゃん」との印象を抱いていたそうだ。

 松永と緒方が同年3月7日に逮捕されていなかったら、その後の運命はどうなっていたのだろうか――。

 川口成美さんと金田輝幸さんを取材しながら、そのことを想像せずにはいられなかった。

(小野 一光)

北九州監禁連続殺人事件をめぐる人物相関図