11月23日で『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』(以下、スーパードンキーコング3)の発売から25年になる。

【画像】『ドンキーコング3』と同時に発売された、隠れた名作『ドンキーコングランド』

 「スーパーファミコン史上最高画質」の売り文句と共に発売された同作は、当時、NINTENDO64への世代交代で現役を退いたスーパーファミコン向けに発売されながらも、100万本以上を売り上げる大ヒットを記録した。

 そんな『スーパードンキーコング3』と同じ日にもうひとつ、ドンキーコングの新作が発売されたことを覚えているだろうか。恐らく、『スーパードンキーコング3』のテレビコマーシャルの記憶が残っていれば、存じているかもしれない。

 ゲームボーイの『ドンキーコングランド』だ。

 『ドンキーコングランド』も11月23日で発売から25年になる。

 しかし、その日における事実上の本命タイトル、『スーパードンキーコング3』の(言い方がよろしくないが)”おまけ”のように発売された『ドンキーコングランド』は、陰に隠れてしまった感が否めない。現にテレビコマーシャルも『スーパードンキーコング3』とのセットで、最後の数秒にちょっとだけ紹介された程度。しかもオーギュスト・ロダン制作の「考える像」が、『ゲームボーイポケットイエロー)』を両手で持ち、あの姿勢のまま一人(?)孤独に同作を遊んでいるという、随分とシュールなものだった。

 『スーパードンキーコング3』は売上もさることながら、ゲーム本編の出来も良かった。そんな名作から25年が経ったのなら、優遇されて取り上げられるのは至って自然な流れと言える。だが、あえてこの記事では『ドンキーコングランド』を取り上げる。

 陰に隠れてしまったとは言え、『ドンキーコングランド』も結構な力作だったのだ。それに今に振り返ってみると、色々興味深い特色も見つかるのである。

ゲームボーイで描かれた“もうひとつ”のスーパードンキーコング2

 『ドンキーコングランド』とはどのようなゲームだったのか。前述の繰り返しになるが、『スーパードンキーコング3』と同じ日に発売された、任天堂の携帯ゲーム機ゲームボーイ』用のタイトル。横スクロールアクションゲームで、「ワールド」ごとに用意されたステージコース)に挑んで、ゴールを目指すというものである。

 端的に言えば、ゲームボーイ向けに作られた『スーパードンキーコング』だ。

 ゲームボーイの『スーパードンキーコング』は、1995年7月に『スーパードンキーコングGB』という作品が発売されている。『ドンキーコングランド』はそんな『スーパードンキーコングGB』の続編として発売された。なぜ、続編なのにタイトル名が前作から変更されたのか?少し疑問が湧く部分だが、このことについては後述する。

 前作の『スーパードンキーコングGB』は、シリーズ第1作で1994年スーパーファミコン向けに発売された『スーパードンキーコング』の世界観を下地に、独自のアレンジを加えた新作になっていた。

 『ドンキーコングランド』はその続編ということで、1995年発売の『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』(以下、スーパードンキーコング2)の世界観を下地に、アレンジを加えた新作になっている。

 ただし、前作にあった新作色は抑えられている。前作には「海底遺跡」、「大都会」、「飛行船」といった新たな地形、「フライングピッグ」、「ノーチラス」といった新種の敵といった原作のスーパーファミコン版にはなかった要素が追加されていた。それもあって、新作色が濃かったのだが、『ドンキーコングランド』はそれらの要素を廃止。原作の『スーパードンキーコング2』の世界観、特徴を忠実に再現する方向に舵を切った作品としてまとめられている。

 だが、単なる移植になっていないのが最大の売り。登場するコースの名称の多くは原作を踏襲しているが、内部構造は一新。原作の経験はあまり通用しない、事実上の新コースになっている。

 さらにスーパーファミコンでは表現できてもゲームボーイでは困難という、ゲーム機の性能が大きく影響するコースは全て新しいコースに差し替え。ボスも多くの個体が原作から続投しながらも、戦闘内容は一新されているほか、一部は未登場。関連して、そのボスが登場したワールドは別のワールドと合体させてひとまとめにするという、大胆なアレンジも行われている。

 システム面でも原作の『スーパードンキーコング2』には、パートナーキャラクターを担いで、敵に向けて投げて攻撃したり、高い所にある足場への移動を可能にする「チームアップ」なるアクションがあったが、本作には存在しない。これは前作の『スーパードンキーコングGB』同様、ゲームボーイでは2人のキャラクターを同時に表示し、追従させながら動かすのが困難を極めることからの措置といったところだ。

 ただ、原作において初登場した主人公ディディーコング」のパートナー、「ディクシーコング」の基本性能は忠実に再現。ポニーテールを回転させながら空中を滞空するという、原作でもひと際印象的だったアクションは本作でも実践可能だ。前作『スーパードンキーコングGB』では、わずか2体の登場に留まったサポートキャラクターアニマルフレンド」も増加。水中コースにおける最高のお助けキャラクターとして、シリーズファンの間で名高いカジキの「エンガード」も満を持して登場を果たしている。

 このほか、画面下の残機表示にパートナーキャラクターの有無を示すアイコンが追加されたり、全体のボリュームが拡充される、背景グラフィックの描き込みを抑えて視認性を向上させるといった続編なりに改良された部分も多い。

 一見すると原作である『スーパードンキーコング2』のゲームボーイ向け移植版と見間違えやすいが、中身は完全新作同然で、さながら「もうひとつのスーパードンキーコング2」とも称せる内容。ゲームボーイという表現上の制約が多々あるゲーム機で、原作『スーパードンキーコング2』の魅力の再現と、独自の体験を突き詰めるこだわりが光る作品に仕上げられている。

 滑らかなアニメーションを始め、ゲームボーイの限界に挑んだ作品と言えるところもあり、その点では同日に発売された『スーパードンキーコング3』と同じ志を持ったタイトルとも言えるだろう。

パッケージに説明書、タイトル名などに見られた不思議な特徴

 このように力作と評してもなんら不思議ではない『ドンキーコングランド』。だが前述の通り、発売日が本家の新作と被ったのもあって、あまり陽が当たらず世に出てしまったのが改めて惜しまれる。

 また、いま振り返ってみると、『ドンキーコングランド』にはゲーム内容外の所に2つの不思議な特徴を持つ作品だったことに気付かされる。

 ひとつにパッケージと説明書。ゲーム内の様子を紹介した画像(スクリーンショット)が1枚も掲載されていない。載っているのはゲームの特徴を紹介する文章と、ディディーコングディクシーコングを始めとする、登場キャラクターたちのCGイラスト数点。しかも、その多くが原作『スーパードンキーコング2』の流用となっている。

 スクリーンショット掲載はもちろん、新規のCGイラストも存在した前作『スーパードンキーコングGB』を思うと、妙に感じてしまう特徴だ。

 前作のこと、『スーパードンキーコング』というゲームを全然知らない視点に立って見れば、アクションゲームという以外のことは遊んでみないと分からないので、若干のギャンブル感もある。当時、ゲームボーイタイトルに限らず、パッケージ裏や説明書にゲーム内の様子を映しだしたスクリーンショットの掲載は当たり前のようになっていた。そんな中、このようなものが出たというのは、何とも不思議に感じてしまうものである。

 なぜ、情報が伏せられたデザインになったのかは謎のままだが、もしかしたら『スーパードンキーコング3』の宣伝に予算を割いたことによる反動だったのかもしれない。当時、比較的近い時期に発売された『ヨッシーパネポン』、本作の後に発売された『カービィのきらきらきっず』といったゲームボーイ向けの新作は、スクリーンショットなどが掲載されたデザインとなっていたため、案外考えられる話ではある。

 しかし、こんなファミリーコンピュータ時代を思い起こさせる、情報を伏せたパッケージゲームが発売されたのも珍しい話。今に思えば、結構稀少な特徴を持つタイトルと言えるだろう。

 なお、当時出回っていたゲーム雑誌にはスクリーンショット掲載の上での紹介がされている。コマーシャルも『スーパードンキーコング3』と一緒、かつわずかな扱いに留められていたが、ゲームが動いている様子が紹介されたのは前述の通りだ。また、任天堂公式サイトにも単独の紹介ページが開設されていて、2021年現在も閲覧ができ、こちらにはスクリーンショットも多数掲載されている。なので、それなりにゲーム情報を追いかけていれば、おおよそのあらましは確かめられるタイトルだったことは補足しておく。

 もうひとつの不思議な特徴は『ドンキーコングランド』への名称変更だ。前述の公式サイトにも『スーパードンキーコングGB』の続編と記されながら、純粋に『スーパードンキーコングGB2』としなかったのは、改めて思い返すと妙な話である。もしかしたら当時、本作が『スーパードンキーコングGB』の続編と気付かなかった人も少なからずいたかもしれない。

 ただ、『ドンキーコングランド』とは『スーパードンキーコングGB』の海外版の名称。言わば、本作から日本版も海外版と同じ名前に合わせられたのである。だが、海外版の本作の名称は『Donkey Kong Land 2』で、ナンバリングが付けられている。前作が『Donkey Kong Land』なので、それも当然の話だ。

 ところが日本語版だと前作は『スーパードンキーコングGB』なので、『Donkey Kong Land 2』とは付けられない。ゆえにナンバリングは外されたが、海外から見た場合、前作を指すタイトルになってしまった。前作との繋がりも(名前だけ見れば)分かりにくいどころか、別の新作と認識されかねないものになっている。

 結果的に日本と海外との認識の差を生じさせ、順番のズレまで起こしているのには苦笑いを禁じ得ない。きちんと1~3と順番通りに展開されている本家の『スーパードンキーコングシリーズを思うと歴然である。

 ちなみに本作の後にもゲームボーイの『スーパードンキーコングシリーズは発売されたが、続く3作目は『ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング』、その次の4作目は『ドンキーコング2001』と連続してタイトル名を変えている。

 『ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング』に関しては当初、『ドンキーコングランド2』の名での発売が予定されていた。しかし、1998年の『ゲームボーイカラー』誕生を受け、カラー化を実施して新規に発売される形になった経緯から、前述の作品名に改められて発売に至っている。もはや前2作の時に付けられた名称も何もない

 そもそも、改題前の『ドンキーコングランド2』も、露骨に海外版とズレているのだが。(※海外では『Donkey Kong Land III』名義である)

 こうして見ると、ゲームボーイシリーズは随分と統一性に欠けたラインナップである。とは言え、『スーパードンキーコング3』以降のシリーズナンバリング表記がなくなって、それぞれ異なる名称が付けられている。

 また、さかのぼれば『スーパードンキーコングシリーズの世界では「クランキーコング」の名で登場している”元祖”ドンキーコングが暴れ回り、マリオが立ち向かった初期のシリーズも、続編の名称はバラバラという実態がある。

 長らく『スーパードンキーコングシリーズの展開がなかったころに発売された関連タイトルも同様だ。唯一、ナンバリングで統一されていたのは、リズムアクションゲームの『ドンキーコンガ』(2003年ニンテンドーゲームキューブシリーズぐらい。それ以外にシリーズ化されたものでは『ぶらぶらドンキー』(2005年ゲームボーイアドバンス)があったが、これも2作目にして『ドンキーコング ジャングルクライマー』(2007年ニンテンドーDS)と、名前を丸ごと一新している。

 そのような歴史を思うと『ドンキーコングランド』は、シリーズが名前を統一しない方針へ寄っていく起点となる作品だったのかもしれない。当時こそ、ある種の混乱を招いた改題だったが、いま見ると現在の命名規則の先駆けになっている部分もある。ここから、以降がナンバリングで命名されない傾向となっていったのを思えば、実はシリーズにとって貴重な位置づけの作品であると言えなくもないだろう。

 結果論である上、ドンキーコングに限らず任天堂ゲームマリオゼルダなど、ナンバリングで統一されないシリーズタイトルが多いので、そう取り立てて珍しい出来事だった訳でもない。ただ、いま思うと「あれ?」と思うものが本作にはあるのだ。

・技術が発展した今の時代ゆえ、その輝きが増している力作

 若干、話題から脱線するところもあったが、『ドンキーコングランド』がゲーム内容外の部分に興味深い話題を持ちあわせた作品だったことはおおよそ察せたかもしれない。その話題性以外でも、本作はゲームボーイにおいて原作とは全く別の『スーパードンキーコング2』を作り上げた点で、独特の価値を持つ作品にもなっている。

 それは後年、ゲームボーイアドバンスの原作の移植&アレンジ版、さらにその後の原作そのものを携帯機で遊べるNewニンテンドー3DS専用のバーチャルコンソール版が発売されたことが物語る通りである。Nintendo Switchの『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』でも『スーパードンキーコング』3作は配信されていて、いまやこのシリーズは携帯しながら普通に遊べるようになっている。ゲーム機の性能面でも、『ドンキーコングランド』が行った制約を踏まえた対策を取る必要もなくなっている。

 それゆえ、制約を踏まえながら”もうひとつのスーパードンキーコング2”を作り上げた『ドンキーコングランド』の価値はより一層輝きを増しているのである。

 原作にはないコースの存在、制約がある中で可能な限り再現し尽くしたグラフィック、そして独自のアレンジを施した音楽が味わえるのはこの『ドンキーコングランド』の特権。その価値と魅力は恐らく、これから先も決して色あせることはないだろう。

 2021年現在も『ドンキーコングランド』はニンテンドー3DSバーチャルコンソールで販売中だ。その前の『スーパードンキーコングGB』、後の『ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング』も同様に購入できるようになっている。

 大ヒットを記録した『スーパードンキーコング3』に注目が集まるであろうこの中で、『ドンキーコングランド』を遊んでみるのも、なかなかに”オツ”なものだ。

 当時、『スーパードンキーコング3』のほうに視線を向け、こちらは素通りしてしまった方もあえてこの機会に遊んでみてはいかがだろうか。本家の新作に隠れし力作にして、唯一無二の体験が詰まった逸品を改めて体験してみよう。(シェループ)

『ドンキーコングランド』