11月24日朝、愛知県弥富市の十四山(じゅうしやま)中学校で、同校に通う3年生の伊藤柚輝くん(14)が包丁で刺されて死亡する事件が発生した。愛知県警は刺した男子生徒(14)を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

 現場となった中学校は、一学年50人ほどの小規模校だ。3年生は2クラスに分かれており、被害にあった伊藤くんと逮捕された男子生徒は別のクラスだった。凶行は校舎2階にある、被害生徒の教室を出てすぐの廊下で起きたという。地元紙記者が語る。

「事件が発生したのは午前8時すぎ。始業前でしたが、ほとんどの生徒が登校して毎朝の読書タイムに向けて準備をしている時間でした。それぞれのクラスの担任も教室内にいましたが、廊下でトラブルが起こっていたことには気づかなかったと言います」

 男子生徒は自ら持ち込んだと見られる刃渡り20cmほどの包丁で伊藤くんの腹部を刺した。刺された伊藤くんは、大量の血を流しながらも自力で教室へたどり着いた。事件を知った担任が職員室へ連絡し、AEDを持って駆けつけた職員が心臓マッサージなどの救命活動を開始された。警察官と救急隊が現場に駆けつけて伊藤くんは近隣の大型病院に搬送されたが、傷は肝臓を貫通するほど深く、10時35分に死亡が確認されたという。

「死因は出血性ショック。伊藤くんを刺した男子生徒は犯行後、凶器となった包丁を持ったままその場に立ち尽くしていました。遠巻きに教員が包丁を下ろすように伝えると、暴れたり逃げたりすることなく、素直に指示に応じたようです」(前出・地方紙記者)

 県警の調べに対し、男子生徒は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めているという。同じ小学校出身で、昨年はクラスも同じだった2人だが、事件の兆候を学校は把握していなかったという。

「弥富市の教育委員会が午後2時から開いた記者会見によれば、学校側が2人の間のトラブルを把握していなかったといいます。伊藤くんについては、10月に行われた体育祭で活躍していたと語り、加害者の男子生徒についても『普通の中学生という感じで生徒指導の対象となるような問題のある生徒ではなかった』と述べています」(前出・地方紙記者)

 事件のあった中学校は、名古屋駅から車で30分ほど。弥富市は日本有数の金魚の産地としても知られているが、古くからの家や田んぼに囲まれているのどかな地域で、近隣住民同士の繋がりも強いという。十四山中学校に子供が通っているという保護者は、2人の印象をこう語る。

「大きな町ではないので、子どもたちも保育園児の頃から知ってる子ばかりです。伊藤くんは小学校のときはサッカー部でしたが、中学にはサッカー部がなく野球部に入り、そこで活躍していました。下の学年の子の面倒を見たり、ハンディがある子にも分け隔てなく優しく接しているのを見かけたことがあります。リーダーシップもあって、学年の中でも目立つ、中心的な存在でした。

 事件を起こしてしまった子は、パッと見は大人しそうな子という印象です。伊藤くんとは小学校時代からずっと一緒に上がってきた子で、何があったのか想像もつきません……」

 地元の混乱が収まらない中、事件発生から11時間ほどが経過した24日19時頃、中学校の体育館で臨時の保護者会が開かれた。出席した保護者が語る。

「冒頭、学校側から『学校のことで申し訳ない』という謝罪があった後、時系列に沿って事件についての説明が行われました。ただ、具体的に2人の間で何があったのかは学校側も分かっていないようで、明日から予定されていた期末テストの延期など今後の対応についての話にも時間が割かれていました」

 保護者からは、生徒たちのメンタルケアに関する要望が多く出されたという。

「子を持つ親としては、やはり子どもたちの精神状態が心配です。スクールカウンセラーが1人はいるということでしたが、それだと足りないので増員してほしいと伝えました。出席していた市の教育委員会の方が県に要望を出すという回答をしていましたが、一刻も早く事態の収束を計ってほしいです」

 年明けには受験を控えた中学3年生の2人の間で、いったい何があったのか。県警は容疑を殺人に切り替え、詳しい経緯を捜査している。

▼▼▼
「文春オンライン」では、今回の事件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

メールアドレスsbdigital@bunshun.co.jp
文春くん公式ツイッターhttps://twitter.com/bunshunho2386

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

事件が起きた愛知県弥富市の十四山中学校 Ⓒ文藝春秋