職場での「飲みニケーション」が必要だと思っている人は、どのくらいいるのだろうか。日本生命が契約者を対象に聞いたところ「必要」「どちらかといえば必要」と答えた人は38.2%で、前年から16.1ポイントも減少していることが分かった。

【その他の画像】

 職場の飲みニケーションが「必要」「どちらかといえば必要」と答えた人を男女別に見ると、男性44.2%、女性32.1%で、12.1ポイントの差。年代別でみると「~20代」は33.9%、それ以外の年代は30%台後半だった。

 職種別にみると「公務員」が51.8%、「経営者・役員」が49.1%、「民間企業や団体の正社員・正職員」41.1%と高い数値に。一番低かったのは「パートアルバイト」の29.0%だった。

●「必要」「どちらかといえば必要」と回答した理由は

 「必要」「どちらかといえば必要」と回答した人の理由は、「本音を聞ける・距離を縮められるから」(57.6%)が最も多く、「情報収集を行えるから」(38.5%)、「ストレス発散になるから」(33.6%)が続いた。30~60代の半数以上は「本音を聞ける・距離を縮められるから」と答えているが、30代以下では「悩み(仕事)を相談できるから」と回答する割合が高めだった(~20代:40.8%、30代:41.4%)。

 「どちらかといえば不要」「不要」と回答した人の理由の1位は「気を遣うから」(36.5%)、2位は「仕事の延長と感じるから」(29.5%)。「お酒が好きではない」「拘束時間が長い」「お金がもったいない」といった回答のほか、「職場でコミュニケーションが十分とれているから」と答えた人が15.8%いた。

 「今年、職場の方とオンライン飲み会をしましたか?」という問いに「した」と答えた人は全体の9.3%だった。

 インターネットを使った調査で、7774人(男性:3912人、女性:3704人、性別回答なし:158人)が回答した。調査期間は10月1~13日。

飲みニケーションは必要か〈男女別〉