【動画はこちら】

可愛い犬。しかし、そんな可愛い犬に対してひどいことをする人間がいます。アメリカ・フロリダ州での出来事。救助者にリアムと名付けられたその犬は炎天下の中ポールに繋がれ、ガリガリになっていました。

近所の人からの通報を受け救助に駆けつけた警察官の女性が近づくと、リアムは「私を助けてください。。」とでも言うかのように彼女に手を差し伸べてきました。

リリムがどれだけの間この場所にいたかはカメラがないので分かりません。しかし、こんな姿になってしまうほどの長い期間だったことは容易に想像できます。

女性警察官はリアムには特別なケアが必要なことがわかったので、犬の保護団体である「100 plus abandoned dogs」に連絡を取りました。

100 plus abandoned dogs」の定員はいっぱいでしたが、リアムの姿を見てためらうことなく受け入れてくれました。

救助時には7.7kgしかなかったリアムですが、彼女を受け入れてくれた「100 plus abandoned dogs」のローマさんの家で、今はリラックスして過ごし、毎日美味しいご飯を食べています。

リアムはこんな目にあったにも関わらず、人間のことを愛してくれていて、とても寛容な心を持っているといいます。

ローマさんは言います。

「犬が飼えなくなる前に、我々のような保護機関に相談して欲しい。全ての動物は人生を謳歌する権利があるのです。」

【動画はこちら】

炎天下に長い期間つながれ放置されていたガリガリの犬。助けにきた警官を見て取った行動に涙