現地時間12日、過去にリリースしたアルバムRed」の再録「Red(Taylor’s Version)」をリリースしたテイラー・スウィフトが、15日、オリジナル版に収録されていなかった楽曲で、親友のブレイクライブリーが監督を務めた「I Bet You Think About Me」のミュージックビデオを披露。

【写真を見る】MVで密着して踊るテイラー・スウィフトとマイルズ・テラー…ファンからは心配の声

しかし、ビデオに出演しているとある俳優の存在がファンの間で物議を醸し、本人がTwitterで釈明する異例の事態に陥っている。その俳優とは、トム・クルーズ主演作『トップガン マーヴェリック』(2022年5月27日公開)でブラッドリー・“ルースター”・ブラッドショーを演じているマイルズ・テラーだ。

テラーといえば、名指しではなかったものの、9月に「全10話のリミテッドシリーズ『The Offer』で主役を演じていた俳優が、新型コロナウイルスワクチン接種を拒否し、コロナに感染。その結果、撮影が中断され、スタジオに大損害をもたらした」と報じられていたが、広報が「正しい情報ではない」としかコメントしなかったため、“反ワクチン俳優”というレッテルを貼られたまま、それ以上の釈明はしていなかった。

しかし「People」などが報じたところによれば、テラー夫妻が、このたび「I Bet You Think About Me」のミュージックビデオに出演していたことで事態が一変。スウィフトが元恋人ジェイク・ギレンホールのことを歌っていると話題になった曲だが、ウェディングドレス姿のスウィフト(元彼女の設定)とテラーがダンスをするシーンなどもあることから、心配したスウィフトのファンなどから、「彼はアンチワクチンだよね?」「危なすぎる」「テイラー・スウィフトと共演しないで」といった非難の声が殺到したという。

それを受けてテラーは自身の公式Twitterに、「やあ皆さん、普通なら噂に対してこの場でなにか言う必要はないと感じていますが、僕はワクチンを接種しています。しばらく経っています。僕が唯一アンチなのは、ヘイトだけです」と綴り、ワクチンを接種したことを報告している。

スウィフトは現地時間12日、プロモーションのため米NBCLate Night with Seth Meyers」に出演した際に着ていたオフショルダーのドレスが、1994年6月に、故ダイアナ妃がチャールズ皇太子カミラ夫人の不倫報道後に出席したパーティで着ていた、露出度の高い“リベンジドレス”に似ていたことも話題に。「スウィフトを振った元恋人への、もしくはスウィフトの音源を売却した音楽プロデューサーへのリベンジでは?」と話題になったが、本人が否定している。

文/JUNKO

バッシングを受けて異例の声明を発表したマイルズ・テラー/写真:EVERETT/アフロ