カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 軽くて丈夫な「発泡スチロール」は、使い勝手がよく身近な素材だ。だが、自然に分解されず、リサイクルが難しいという欠点もある。

 環境に配慮した素材が求められている今、ドイツの科学者は、発泡スチロールに変わるSDGsな素材を開発した。

 その原材料映画館お菓子して知られている「ポップコーン」を固めたものだ。これなら生分解されるし、リサイクルも可能。家畜のエサにすることもできる。

【画像】 映画館のポップコーンで閃いた代替素材

 ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンのアリレザ・カラジポアー教授は10年前、映画館ポップコーンを購入した時に閃いた。

 教授は常々、安価で環境にやさしく、生分解(自然に分解される)し、リサイクルもできる発砲スチロールに代わる素材の開発に取り組んでいた。

 ポップコーンなら代替素材が作れるかも!

 まずはトウモロコシを粉砕して顆粒状にし、加圧した蒸気でポップコーンを作る。そこへ植物タンパク質由来の結合剤を混ぜたら、型に流し込んで成形。

 そのまま固まるのを待てば、発砲スチロールの代替え素材が完成だ。

・合わせて読みたい→未来の家具はジャガイモの皮から作られるかも。ポテトチップ工場の廃棄物を再利用して板を作る方法が開発される

1_e

credit:Georg August University

燃えにくく、自然に分解され、リサイクルもできる

 カラジポアー教授によると、発泡ポップコーン素材は、発泡スチロールに比べて、熱をよく吸収し、燃えにくいという。

 使い終われば、粉砕してリサイクルしてもいいし、バイオガスを作る原料にしてもいい。あるいは肥やしとして再利用できるし、家畜のエサにすることもできる。

 また発泡ポップコーンの原料になるトウモロコシは、食品工場で捨てられてしまうはねものや、通常なら捨てられてしまう穂軸も使用するという。

2_e0

[もっと知りたい!→]使い終わったら堆肥にできるし食べられる。農家の廃棄野菜を利用した梱包材が開発される(ポーランド)

credit:Georg August University

もうすぐ市場に出回る予定

 すでに、穀物会社のNordgetreideに梱包材として、建材会社のBachl社に建物の断熱材として、ライセンスが締結されているという。

 ほかにも保護材、スポーツ用品や自動車の素材としての利用も考えられるそうだ。

 出来上がった素材を見ると、お菓子で似たようなやつをみたことあるようなないような。おなかが空いた時、うっかり食べないように心がけておこう。

References:Popcorn Foam Is a Renewable Alternative to Polystyrene - Nerdist / Popcorn used to create an eco-friendly alternative to polystyrene foam / written by hiroching / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

お菓子が梱包材に。ポップコーンでできた発泡スチロールの代替素材が開発される