関東信越国税局の38歳男性職員が24日、排泄物の入った封筒を送りつけたとして、威力業務妨害の疑いで逮捕された。その行動に驚きが広がっている。

 ​>>55歳男、39歳知人女性の口座に1円送金し摘要欄に「ハナシシヨウ」 ストーカー規制法違反の疑いで逮捕<<​​​

 警察によると、男は今年9月13日埼玉県の秩父税務署に人間の排泄物が入った封筒を送りつけ、業務を妨害した疑いが持たれている。男は10月ストーカー事件で逮捕されていたほか、過去に勤務経験がある所沢税務署にも同様の封筒を送っていた。

 現在のところ動機はわかっていないが、ストーカー事件に加えて汚物を送りつけるとは、異常な精神構造を持っていると言わざるを得ない。また、再犯の可能性も否定できず、抑止となるような刑罰が求められると言えそうだ。

 なんとも異常な事件に、「文字通りクソ野郎によるクソ事件。何がしたいのか、意図がわからない」「ポストに一緒に入っていたハガキなども汚されていそう。国税局に勤務する学力はあるんだろうけど、バカだね」「勉強ばっかりして一般常識を学んで来なかったんじゃないの。本当にクソだね」「どういう思考回路を持っているのか。こういう人間は、更生も難しい。生きているだけで迷惑」と怒りの声が相次ぐ。

 そして、「こんなやつを個人情報が閲覧できる国税局で勤務させるのはおかしい」「採用担当者にも責任を取らせるべきだ」「ストーカーや汚物を送りつけても、懲戒免職にならないの?公務員って本当に良い職業だね」と国の責任を指摘する声も出ていた。

 文字通り「クソ行動」を取り続けた男。今後も、国税局で勤務させるつもりなのだろうか。

画像はイメージです