今回紹介したいのは、おリカさんが投稿した『超簡単!おうちの中でサニーレタス水耕栽培!』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

こんにちは!ゆっくりボイスのカメです。 サニーレタス水耕栽培に成功したので、その方法をご紹介します。 最後の方で使ったものとか注意点とかお話ししてます。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 投稿者のおリカさんが、サニーレタスを家の中で育てます。

 まずはネットに入っているタイプスポンジを用意。ネットをハサミで切って中身を取り出します。

 そしてカッタースポンジに切り込みを入れました。下まで貫通させない程度に入れるといいそうです。

 次にダイソーで買った水切りザルとトレイのセットスポンジセットスポンジカットしてぴったりさせると、水に日光が当たりにくくなって藻の発生を防げます。

 種もダイソーで買いました。

 爪楊枝で切り込みに種を埋めたら、種まきの完了です。

 あとはスポンジの1/3が浸るように水を入れ、サランラップをふんわりかけて日当たりのよい場所に置きます。

 6日後、無事に発芽しました。

 9日後、根っこがスポンジとザルを突き抜けたところで次の段階へ。

 根っこが窮屈にならないようザルとトレイの間に隙間を作ります。

 おリカさんは「激落ちくん」というしっかりしたスポンジを小さくカットして入れました。土台は4つではなく2つでも大丈夫とのこと。

 さらに「微粉ハイポネックス」という肥料を水に溶かし入れます。

 肥料も加わり、その後はグングン大きくなるサニーレタス葉っぱが多くなると水の減りも早くなるので、こまめに水をチェックします。

 種まきから35日目、いよいよ収穫。同様に育てられるベビーリーフサラダにしました。

 少量ずつ収穫すると、次々と新しい葉が育つサニーレタス。徐々に元気がなくなってくるものの、3ヶ月近くまで収穫できたそうです。

 室温を保てば年中育てられるというサニーレタス。肥料以外の必要な物は100均でそろうというのもいいですね。動画を参考にお試しください。注意事項や道具の説明なども詳しくあります。

▼動画はこちらから視聴できます

超簡単!おうちの中でサニーレタス水耕栽培!

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

再生野菜「リボベジ」を“農業系”VTuberが解説…野菜ごとのアドバイスも丁寧で試してみたい!

「豆苗」の成長を9000倍速で見守ってみた! 日に向かってうねうねと動きながら成長する1週間をお届け