湖・川

水遊びの際に「溺れないように気をつけよう」と注意する人は多いが、「魚に襲われないようにしなくては…」と考える人はあまりいない。しかしある川で数十人が魚の群れに襲われ負傷したことを、『Metro』などの海外メディアが伝えた。


■川で流血騒動

アルゼンチンの遊泳スポットとして知られる川に、先日も多くの人が訪れた。そんななか悲鳴があがり、ライフガードたちがあわててレスキューに向うと、多くの人がパロメタ(ピラニアの仲間)に噛まれ流血していたという。

負傷者の数は、約30人。そのうち13歳の少女は、足の指が1本ちぎれ大出血していた。


関連記事:溺れそうな12歳少年を目撃しとっさに川の中へ 泳げない8歳少女が見事に救出

■「危険」で遊泳禁止に

少女はすぐに近くの病院に搬送されて足の治療を受け、「指を噛み切られていたため皮膚移植手術を受ける必要があった」と複数メディアに伝えられた。この件を調べた現地当局は「川の中は危険な状態」と判断し、遊泳を禁じたという。

パロメタはピラニアの仲間複数種の総称で、非常に獰猛な肉食魚であり、いきなり人を襲うこともあるのだという。

■人を襲う要因そろったか

この時期にパロメタが人を襲ったことについて、専門家は「想定外でしたが、気温が高く、水位が低い状態であることが、パロメタが人を襲う要因になったのではないか」とメディアに語った。

現地のライフガード団体の代表者は「とにかくライフガードの警告はしっかり聞いて無視しないでほしい」「特にお子さん連れで川に行くご家族には注意してほしい」と呼びかけた。

1人でも魚に噛まれたら全員に水から出てもらう方針だというが、多くの人がやって来るため、ライフガードも対応に苦慮していたという。


■過去にもショッキングなケース

2013年クリスマスにも、同じ川で似たようなことが起きていた。そのときに負傷した人の数は、約60人。やはりパロメタの大群に襲われたのが原因だった。

コロナ収束を待って旅行に行きたい」「海外で自然に触れたい」という人も多いが、とりわけ不慣れな場所については事前にしっかりと調べておきたい。

訪問予定の各観光地のホームページ、現地のニュースや口コミなどを確認し、このような報道があった場所には近寄らないほうが無難だ。

・合わせて読みたい→蜂から逃げ湖に飛び込んだ男性が溺死か 魚に食われた無残な遺体で発見

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

ピラニアの一種が川遊び中の人々を襲い… 10代少女が足指を失う重傷