夢とワクワクが詰まっている「ドラえもん」の「ひみつ道具」。アニメや漫画を見ながら「この道具が現実にあればなぁ」と思いを馳せた経験が誰でも一度はあるのではないでしょうか。

 映画「ドラえもん のび太の日本誕生」の中で、誰もが印象に残っているであろう「畑のレストラン」。丸い大根の中からかつ丼スパゲティといった料理が出てくる、ひみつ道具です。この再現にツイッターユーザーのまよにゃんさん(@shibuTonoll)がチャレンジしました。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 投稿された写真に写る、丸々とした大根の器と盛りつけられたビーフカレー子どもの頃に映画で見たあのカレーそのもの。畑で収穫した大根を開くとかつ丼カレーが入っている、なんてまさに夢みたいなひみつ道具。まよにゃんさんも幼少時にビデオで見て以降ずっと再現したいなぁと思っていたのだそう。

 ずっと心の中に秘めていた「畑のレストラン」への思い。ある日、スーパーで丸みを帯びた形が特徴の「聖護院大根」が売られているのを発見し、ついに作ることを決意します。

 一見すると大根をくり抜いてカレーを盛りつけただけにも見えますが、くり抜くのが大変だったり大根にひびが入って割れないように気を付けたりと、苦労が多かったそうです。また、大根の水分がカレーに混ざらないように塩を振って出た水分をキッチンペーパーで拭いておく、など見えないところでの工夫も盛り込まれています。

 こうして出来上がった「畑のレストラン」のカレーライスは、工夫のおかげもあり最後までおいしく食べることができたそうです。ちなみに器に使った大根も、最後に残さず食べたとのこと。

 まよにゃんさんの夢を実現した大根カレーには「再現度がハンパないです」「大根カレー、私も憧れてました」との声が寄せられています。やはり「畑のレストラン」は多くの方が憧れたひみつ道具だったようです。

 子どもから大人まで大喜び間違いなしの再現メニューもしも手頃な大根が見つかれば、あの頃夢見たひみつ道具の再現にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

<記事化協力>
まよにゃんさん(@shibuTonoll)

(山口弘剛)

ドラえもんの映画で憧れ ひみつ道具「畑のレストラン」をリアルに再現