張本勲(写真提供:JP News

28日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が年内いっぱいで番組のレギュラー出演を卒業する意向を発表した。


■番組終盤に卒業宣言

番組の終盤、関口宏から「ここで番組から張本さんから皆さんにお話があります」と報告が。

張本氏は「関口さん。私の都合でシニア人生、ゆっくり過ごしたいんですよ。従ってね、この番組のレギュラーを今年いっぱいで卒業します。来年は節目で出てきますから、また番組でお会いできると思いますんで。長い間大変ありがとうございました。とくに TBS にはもう心より感謝してます」とコメントした。


関連記事:張本勲氏、東京五輪・日本選手の金ラッシュに喜び 野球のメダル獲得も予告

■中畑清氏は驚いた表情

ゲストの元読売ジャイアンツ中畑清氏は驚いた表情で「あっぱれが? 喝もないんですか?」と問いかける。清々しい表情の張本氏は、「23年突っ走ってきたから。夏休みも取らなかったのは、関口さんと俺ぐらいのもんだもん」と笑う。

中畑氏は「張本さんにあっぱれ。あと、喝もね、これも貴重なんですよ。スポーツ界にね、『何をしてるんだ』ってね、あの一発聞くね、僕、ここにいてびっくりしますもん。ハリさんが『喝』って言ったらね、驚かしていくっていうのか、脅かしていくっていう存在がいないですもんね、スポーツ界にね」と惜しんだ。

■年内は通常出演

さらに中畑氏は「それがないんじゃねえ。代打中畑行きますか?」と語る。張本氏が「どうでしょう、関口さんに聞いて、それは」と笑うと、「冗談ですけどね」と中畑氏。

関口は「年内はお付き合いいただけるんですね、来年からも節目節目でどうですか?」と打診。張本氏は「はい、おねがいします、また。関口さんには、長い間ありがとう、ほんとに」と笑う。

そんな張本氏に「思い返せば大沢親分ね、ご一緒に出ていただいて、喝あっぱれが人気コーナーになりました。ありがとうございました」と語りかけ、「年内はいつもどおりにがんばっていただきます」とコメントした。


■惜しむ声相次ぐ

東京オリンピック女子ボクシングに関する発言が問題視された後は「喝」が激減し、野球教室で番組を休むことが増えた張本氏。

降板の兆候はあっただけに視聴者から「高齢だし、ゆっくりさせてあげたい」「あれだけ批判されたら、やる気がなくなる」「仕方ない」「お疲れさまでした」と言う声が上がる。

一方で「いなくなってしまうのか」「なんだかんだ、日曜の朝に張本さんがいないのは寂しい」とショックを受ける視聴者も多かった。

・合わせて読みたい→張本勲氏、巨人・中田翔選手に「喝」入れずエール 「毒気が抜けた」の声も

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

張本勲氏、『サンモニ』レギュラー出演卒業を発表 その理由に納得の声