ダウンタウン・松本人志

28日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、今月18日にフランスで成立した動物愛護法がテーマに。松本人志コメントが、視聴者のあいだで注目を集めている。


■繁華街にペットショップが出店し…

2024年からペットショップでの犬や猫の展示販売が禁止になる旨を定めたこの法律。飼いたい場合は、ブリーダーからの購入や保護施設からの引き取りが必要になるのだそう。

長期休暇前にペットを放棄する飼い主が多いことを受け、ペットショップでの衝動買いを防ぐために考案されたようだ。

番組で議論が行われる中、劇作家の根本宗子氏は、子供時代に目撃したペットショップについて語り始める。繁華街の中にあった店で、酔っ払った人や男女の客が頻繁に出入りしていたのだという。


関連記事:ご褒美にスイカを頬張るプレーリードッグ 愛らしい姿に癒やされる人が続出

■松本が知る「後日談」

そこでは、「飲み屋のお姉さんが『かわいい』『ほしい』と言ったものをお客さんが買ってあげる」といったことが常態化していたようで、それを見た根本氏は幼いながらに違和感を覚えていたそう。

すると隣で聞いていた松本は「なんか聞いたことある」とコメント。「後日談」として「そのもらったホステスさんが、次の日(ショップに)返しにいくねんて」とつづける。

「それでまたお金返してもらって…おっさんと動物たちがバカ見てる」と話すと、スタジオからは「怖い」と怯えの声が上がっていた。

■「ブランド品みたい」と悲しみ

このエピソードに、視聴者からも「ブランド品みたいでかわいそう…」「めっちゃ怖い」「そういうことが普通に起こってるんだろうな」といった声が。

ちなみにフランスで成立した動物愛護法について、松本は「日本もさすがにちょっと、(フランスのように)そうなっていくんだろうかなあ」と語っていた。


■パートナーよりペットが大切?

以前、しらべぇ編集部が20〜60代までのペットを飼っている男女344名を対象に調査を実施したところ、全体で28.2%の人が「パートナーよりペットが大切」と回答する結果に。20代女性に多い傾向が見られた。

パートナーよりペットが大切

さらにフランスでは同法に基づき、イルカシャチショーサーカスでの野生動物の利用などが、今後禁止になっていくようだ。

・合わせて読みたい→20代女性の3割が「ペットと顔が似ている」 周囲から言われて気づくことも

(文/Sirabee 編集部・清水 翔太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ 調査期間:2017年4月21日2017年4月24日
対象:全国20代~60代のペットを飼っている男女344名(有効回答数)

松本人志が聞いたペットショップの怖い話 「かわいそう」と悲痛の声も