【この記事の動画を見る】

このほど南アフリカで、野生のライオンサファリツアー中のジープとロープを引っ張り合って遊んでいる動画が撮影された。撮影者でツアーガイドの男性は「まるで大きな猫がおもちゃで遊んでいるようだった」と語っている。『New York Post』『Daily Mail Online』などが伝えた。

南アフリカ共和国クルーガー国立公園は、アフリカでも有数の大きさを誇る野生動物の保護区である。その保護区内にある宿泊施設「バオバブ・リッジ(Baobab Ridge)」でツアーガイドをしているジャブラニ・サリンダさん(Jabulani Salinda、49)がライオンの動画を撮影したところ、多くの注目を集めた。

ジャブラニさんは現地時間18日、ツアー用のジープに宿泊客を乗せて保護区を案内していた。保護区の目玉でもあるライオンがなかなか見つけることができずにいたジャブラニさんだったが、ガイド仲間から「ライオンがいる」との情報を受けて教えられた場所へ移動することにした。

ライオンのいる場所に到着すると、他にもツアージープがいたためジャブラニさんは邪魔にならないように自分たちのジープを別の場所に移動した。その瞬間、タイヤが地面の深みにはまってしまったのだ。

ジャブラニさんは牽引用のロープをジープから引き出し、他のガイドに応援を頼んだがうまく連絡が取れなかったようだ。仕方なくジャブラニさんはジープの角度をずらしながらアクセルを踏み続けたところ、なんとかその場から抜け出すことができた。

そしてジャブラニさんがロープを引き戻そうとした直前、1頭の雄のライオンが近づいてきてロープをくわえ、そのまま引っ張り始めたという。その様子はまるでジープと綱引きをしているようにも見え、ツアー客からは笑いが起こった。

だがこのままでいるわけにもいかず、ジャブラニさんはジープゆっくりと走らせてライオンにロープを諦めてもらおうとした。するとライオンは負けじとロープを引っ張り始め、しまいにはロープを近くの木に巻きつけて取られまいとしているような仕草も見せた。

ライオンジープに引っ張られたことで一旦くわえていたロープを口から離してしまうも、諦めずに再びくわえる始末だった。ジャブラニさんはライオンが怪我をしないようにゆっくりジープを移動させ、その場を立ち去ろうとするも、ライオンジープの後を引っ張られるようにしてついてきた。

幸いにも途中で雌のライオンの群れに遭遇し、ライオンは群れに気を取られてくわえていたロープを離し、雌たちのいる方へと去っていったそうだ。

ジャブラニさんは当時の様子をこのように振り返っている。

「その時のライオンは、飼い猫のようでした。このライオンは単にロープで遊びたいだけだったようです。ツアー客はライオンジープに近づいてくるのではないかと少し心配していたようですが、ライオンは怒って近づいて来たわけではありませんからね…。」

「こんなことが起こるなんて思いもしませんでした。まあ、ライオンの関心は完全にロープに向いていたので、私はツアー客を落ち着かせてみんなでその瞬間を楽しむことができました。」

またジャブラニさんは、ライオンツアー用のジープに遊び目的で接近するところを見たのは「19年間ガイドをしていた中で初めてだった」とも明かしている。

画像は『New York Post 2021年11月26日付「Video captures lion in tug-of-war with safari truck: ‘Big cat playing with a toy’」(Baobab Ridge/Kennedy News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト