力こそパワー」(ちからこそぱわー)とは、「とにかく力が重要である」といったニュアンスの表現。語源は、1989年放送のテレビアニメ『新ビックリマン』の登場人物・ブラックゼウスの台詞。

意味

力こそパワー」(ちからこそぱわー)とは、「とにかく力が重要である」といったニュアンスの表現。

意味合いとしては、「レベルを上げて物理で殴る」と近い。

「力こそパワー」の語源は?

語源は、1989年放送のテレビアニメ『新ビックリマン』の登場人物・ブラックゼウスの台詞。

「力=パワーpower)」という単語の意味を考えれば言うまでもないことではあるが、インパクトのあるセリフであることから多くの視聴者に使われ、後年はインターネットを通じアニメ視聴者以外にも広く浸透した。

「力こそパワー」の使い方や類語も!

使用例:
ホラーゲームプレイしているときに「力こそパワー! 幽霊だって殴れば消せる!」
筋トレをしながら「力こそパワー

また、日本語と英語で同じことを繰り返している用語としては、
毎日がエブリデイ
「正義こそジャスティス
などが同じ作りの言葉として挙げられる。
力こそパワー(ちからこそぱわー)