会社員kazuma seki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

言葉はときに、人を傷つけるものだ。何気ない一言から傷つき、ずっと頭から離れないでいる人もいるだろう。しらべぇ取材班が「印象に残っている傷ついた一言」について聞いてみた。


(1)彼女から「優しさがない」

「付き合っている彼女とケンカになり、これまでの不満をぶちまけられました。彼女は僕のことを、『優しさがなく、人の気持ちがわからない』とまで言ってきたんです。


自分なりに彼女に気を使ってきたつもりですが、まったく伝わっていないことにショックを受けました。ただ彼女の話を聞いていると『自分の言うことをすべて聞いて』と言っているようにも感じて、それは違うのではないかとも思っています」(20代・男性)


関連記事:仲間だと思っていたのにもう信じられない… 同僚にされた裏切り行為

(2)友達から「話がおもしろくない」

「友達と集まっているときに、『おまえの話は、おもしろくない』と言われたんです。しかも他の友達も納得していて、かなり落ち込みましたね。


友達が言うには話がダラダラと長いわりに落ちがないために、おもしろさに欠けるのだそうです。それを聞いてから、要点をまとめて話すようには心がけています。ただその言葉を聞いてから、気軽に話すのが怖くなってしまって…」(20代・男性)

(3)先輩から「汗臭い」

「会社の先輩から『少し汗臭いから、これ使ったほうがいいよ』と、よく効く制汗剤をもらいました。これまで自分が汗臭いと思ったことがなかったので、先輩の言葉はショックでした。


ただ先輩も私のことを思って言ってくれたので、感謝もしています。先輩にもらった制汗剤を使ってからは、『いい香りがする』と言われることさえあるので…」(20代・女性)


(4)上司から「気が利かない」

「会社の上司から、『気が利かない』と言われたことがあります。言われたときは傷つきましたが、その上司が媚びを売る同期と比べていると知って納得しました。


僕には上司に、あれだけ媚びることはできません。彼のように上司にすり寄ることが正解ならば、僕は間違いでもいいと思いました。僕なりに仕事をこなして、上司の無茶振りにも対応してきたつもりなのに…」(20代・男性)


嫌な言葉を投げかけられても、すぐに気持ちを切り替えられたらいいのだが…。

・合わせて読みたい→尊敬できない… 会社で上の立場の人からされて嫌だった先輩ヅラ

(取材・文/Sirabee編集部・ニャック

職場で先輩から言われて… ずっと頭から離れない傷ついた一言