「水木しげる生誕100周年記念プロジェクト」の一環として製作される新作アニメ映画鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』より、監督、脚本、キャラクターデザインを務めるスタッフと、新ティザービジュアルが発表された。

【写真】懐かしい!『ゲゲゲの鬼太郎』第1期~第6期のテレビアニメビジュアル

 本作は、「水木しげる生誕100周年記念プロジェクト」の一環として、2018〜20年に放送されたテレビアニメゲゲゲの鬼太郎』第6期をベースに映画化。“鬼太郎の誕生”について隠された謎に迫るストーリーが描かれる。鬼太郎役にはテレビアニメ版でも同役を演じた沢城みゆき鬼太郎の父役には野沢雅子の出演が決定している。

 監督は、アニメデジモンユニバース アプリモンスターズ』のシリーズディレクターや、『ゲゲゲの鬼太郎』第5期の映画『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』で監督を務めた古賀豪に決定。脚本は吉野弘幸キャラクターデザインは谷田部透湖が担当する。テレビアニメゲゲゲの鬼太郎』第6期で、超イケメンの若かりし“目玉のおやじ”の登場が話題を呼んだ第14話「まくら返しと幻の夢」でそれぞれ監督・脚本・原画を務めた3人が、まだ見たことがない鬼太郎の世界を描き出す。

 古賀監督は「子供の頃からオバケに会ってみたいと思っていた僕にとって、シリーズ6期の鬼太郎はとても楽しいお仕事でした。が、正直まだまだやりたい事はたくさんあった︕ので今回この劇場版鬼太郎誕生”の監督を務められる事となったのは大変嬉しく思っています。しかも今回の映画は“大人向け”の“怖い鬼太郎”を、さらに“水木先生のご生誕百周年”にあたって創るという新しいチャレンジで、またまたやってみたい事がたくさん浮かんで来ました!」とコメントしている。

 新ティザービジュアルには、ドキリとするような赤い瞳が包帯の隙間からこちらをうかがう姿と、「おまえは、ナニモノだ?」と問いかける意味深キャッチコピーの文字が。この目玉と包帯が示すものはやはり…。そしてキャッチコピーが意味するものとは? 谷田部透湖描き下ろしで印象的なデザインに仕上がっている。

 今回の新情報発表も行われたトークショーや、ショート朗読劇場、厳選したテレビアニメエピソードを上映した「ゲゲゲ忌2021」アニメ特別上映会の模様は、アーカイブ配信として12月4日23時59分まで視聴可能(有料)。ほか、豪華ゲストが登壇した「ゲゲゲ忌2021」アニメ特別上映会の各公演のオンラインチケットも販売中だ(期間限定でアーカイブ視聴可能。一部販売終了)。

映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』ティザービジュアル (C)映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」製作委員会