『退職代行を使った経験がある人』調査

退職をする際に提出する「退職届」。しかし、直接上司に退職の意思を伝えられない人や、職場環境によっては簡単に辞めさせてもらえない場合に、それらの作業を全て代行してくれる「退職代行」サービスを利用する人も少なくない。

しらべぇ編集部では、そんな「退職代行」サービスの利用についてどのように感じているのか調査してみた。


■退職代行を使うのはマナー違反?

しらべぇ編集部では、全国10〜60代の男女410名を対象に「退職代行」に関する意識調査を実施した。

『退職代行を使って退職するのはマナー違反だと思う』調査

その結果、全体の39.5%が「退職代行を使って退職するのはマナー違反だと思う」と回答。年代別では50代が46.1%で最も高くなっており、40代・60代以上も4割以上が「マナー違反だと思う」と回答していた。
一方で、20代が26.7%と最も低くなっている。


関連記事:40代女性の3割が入社して3ヶ月以内に退職経験 「ブラック企業だったため」

■使う側と使われる側での「差」

退職する側からしたら、上司と顔を合わせることなく、最も気まずくなるであろう退職の意思を伝える必要もないため、精神的負担がグッと軽くなる。以前、しらべぇ編集部が退職代行利用経験者に取材を行なったところ「やり取りは3回くらいで、めちゃくちゃ楽でした」と語っていた。

しかし、調査結果を見てみると、いわゆる上司世代の40代以上の4割以上が「マナー違反だと思う」と回答。やはり、退職代行を使う側と使われる側では、考え方の差があるようだ。

■管理職の男性は「純粋に困る」

部下が退職代行を使って退職した経験もある管理職の50代男性は、退職代行を使って退職することについて「マナーどうのこうのよりも、純粋に困る」と語る。当時、若手社員が朝出勤してこないと思っていたところ、突如退職代行会社から電話があり、若手社員の退職の意思が伝えられたという。

男性は「退職するのは自由なんですけど、それ以前にこれまで任せておいた仕事への緊急の対応をしないといけなくて…それが大変でした」としつつ、「言いにくいのはわかるけど、しっかり聞くから、事前に辞めることについて相談してもらえれば、諸々の対応が取れるから助かる」と話していた。


■経験者も「マナー違反だと思います」

また、しらべぇ編集部では退職代行経験者にも取材を敢行。退職代行を使って退職することについては「マナー違反かどうかって聞かれたら、マナー違反だと思います」とコメント

ただやはり退職の意思を言い出せないことは仕方がないとしつつ、「退職代行を使う側にも理由があって、結構追い詰められて使っていると思ってもらいたい」と説明していた。

・合わせて読みたい→憎き上司に痛快リベンジ お悔やみカードで辞意を伝えた女性に称賛の声

(取材・文/Sirabee 編集部・北田力也

およそ4割の人が退職代行の使用に感じていること 「純粋に困る」との声も