(金 興光:NK知識人連帯代表、脱北者)

JBpressですべての写真や図表を見る

 11月23日、韓国の第11・12代大統領だった全斗煥元大統領が、90歳で死亡した。メディアは先を争って1面のトップニュースに取り上げたが、とんでもないというか、その見出しに本当に驚いた。

「虐殺者の全斗煥、反省なく死す」
「光州事件の被害者団体『全斗煥の国家葬、一考の価値もなし』・・・『死で真実を葬ることはできない』」
「私がお金を受け取らなければ、企業が不安」・・・「全斗煥のその『賄賂』、結局没収できず」

 洪水の如くあふれ出る記事を見て思うのは、全斗煥元大統領より、十倍、いや百倍は残酷で極悪な殺戮者かつ独裁者のことだ。

 今日に至るまで、我々民族に、推し量ることのできない苦痛と死を与えつづけている、民族の敵。そんな金日成金正日金正恩の金一族も、当然、民族の呪いを受け、それ相当の代償を払わなければならないはずだが、彼らは全斗煥大統領のような扱いは受けていない。

 私は全身に戦慄が走り、いても立ってもいられず、こうして筆を取った。

【参考記事】
金与正による初の軍隊視察が暗示している北朝鮮内部の地殻変動https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67851)
北朝鮮が「トランプの壁」を超える鉄柵を国境に張り巡らせる理由https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67798)
妹に操られる金正恩、徐々に判明し始めた北朝鮮内部の地殻変動https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67527)

 私は、韓国に定着して18年になる脱北者である。この18年間で韓国社会を生きていくのに必要な基本的な教養は身につけることはできたが、韓国国民の胸の中に宿っている歴史観や価値観、文化的教養まではまだまだ体現できないでいる。

 だが、これだけは分かっている。昨今の韓国社会を二割した、分裂と対立の頂点には全斗煥元大統領がいるという事実である。

 今日のメディアの記事だけを見ても、全斗煥前大統領が罪をきちんと償わなかったと怒る理由は、たぶん4つある。

 第一に全斗煥元大統領は自身のクーデターに抗議したデモ隊を鎮圧、虐殺した光州事件の元凶であること、第二にクーデターで政権を強奪した事実、第三に不正腐敗の親分であり、第四にそれにもかかわらず最後まで深い反省がなかったことだと理解している。

 そこで私は考える。民主的な選挙で政権の座についても、多くの人命を奪った全斗煥元大統領は退任後、35年が過ぎても、彼は永遠に、政権強奪者、殺人魔、独裁者としての烙印が押され、死んでも許されることはないのだな、と。

曲がりなりにも選挙を実施した金日成だが・・・

 ウィキペディアには、1979年、10・26事件(朴正煕暗殺事件)により朴正煕大統領が死亡した後、同年、全斗煥氏など一心会を中心にした新軍部は12月12日クーデターを起こして軍部を掌握。実権を握った全斗煥は、光州で民主化運動が勃発すると、すぐに武力を動員して、死亡者166人、行方不明者54人にもなる市民の人命を奪い取ったと、説明されている。

 この土地で同じ時代を生きていなくても、光州事件によって犠牲になった方々のことを思うと、あまりにも心が痛く、そして怒りが沸き上がる。

 犠牲になった人々の数字を見ていると、北朝鮮の政治犯収容所で誰にも知られずに、残酷に処刑されて獣のように捨てられた数十万人の怨恨を、心の底から感じるのだ。

 さらに、私の親族を含め、1995年の飢饉「苦難の行軍」の時に、拳を一度も上げることなく鳥や獣のように飢えて死んだ、千秋の恨みも晴らせない北朝鮮の我が兄弟、200万人の呪いの声も聞こえてくるようだ。

 私が、全斗煥と呼び捨てにせず、「元大統領」との肩書きをつけて呼ぶことに対して、お怒りの方もいるだろう。だが、そういう人々は希代の殺人魔、金正恩総書記に対して、必ず、金正恩委員長と尊称をつけて呼ぶことだろう。

 私が、全斗煥元大統領と呼ぶのは、知らないなりにも、歴史的記録では、彼が選挙によって大韓民国第12代大統領に公式に就任したという事実を知っているためだ。少なくとも有権者投票率90.11%を達成して当選した大統領であるがゆえに、私も元大統領と呼んでいる。

 当時の選挙が、公正な選挙ではなかったということを、今は理解している。朴正煕大統領の暗殺を口実に、軍部を動員して権力を掌握し、メディアの口を封じ、影響力の大きい政治指導者を拘束し、戒厳令を敷いた、そんな暴圧の中での選挙だったということは、韓国に来て初めて知った。だからこそ、彼が政権強奪者だと糾弾されているということも。

 ただ、選挙で選ばれた大統領だが、権力を行使した不正な選挙ゆえに、全斗煥元大統領を政権強奪者だとするならば、北朝鮮金日成主席は、より露骨な政権強奪者である。

 金日成氏が、日本の敗戦に伴う解放後、強者であるソ連の操り人形に指名され、ソ連の全面的な支援と政敵の粛清、ずる賢い策略による強制選挙を実施し、北朝鮮政府を打ち建てた、その首謀者だということは、誰もが知っている。

 金日成氏は曲がりなりにも選挙を実施したが、彼の息子の金正日氏と金正恩氏は、北朝鮮住民の意志の一つも聞かずに皇帝のように世襲した。まさに、これこそ政権強奪ではなくて何だろうか。

全斗煥への怒りを金正恩に向けないのはなぜか?

 全斗煥元大統領は、飴と鞭の手法で、企業から途方もない金額を受け取った。最終的に、1997年4月17日、韓国の大法院(最高裁判所)から無期懲役と追徴金2205ウォンを宣言されたことも知っている。

「私がお金を受け取らなければ、企業が不安に思う」という話も、大統領時代に行われた不正であろう。一個人が、2205ウォンの追徴金および賦課金を求められたということに、本当に唖然とした。

 では、金日成氏と金正日氏、金正恩氏の不正腐敗はどうだろうか。彼らは全斗煥元大統領とは次元の違う強奪者で、不正腐敗の格が違う。

 全斗煥元大統領は企業家を恐喝、脅迫して金を受け取ったが、金正恩総書記にはその必要もない。北朝鮮が稼ぐすべての外貨はすべて彼のものだからだ。正確にいえば、北朝鮮の草一本にいたるまで、みな彼のものだ。

 北朝鮮の女性は、誰もが独裁者の話を口にするのも嫌がる。金正日氏は、幸せな家庭生活を営んでいた夫婦からでも、好みの花なら自分のものにした。

 金正日氏は成蕙琳(ソン・ヘリム)の美貌に惚れると、すぐさま彼女の夫に強制的に他の女を抱かせて成蕙琳を連れ出し、飽きたら捨ててしまった。

 金正恩氏も、結婚していた玄松月(ヒョン・ソンウォル)を偏愛し、多くの大衆の前ではばかることなく溺愛し、その後、離婚させ、自身の個人秘書、すなわち小間使いとしてそばに置き、ところかまわず楽しんでいる、そんな人の皮を被った野獣なのだ。

 そこで私は、韓国人に問いたい。全斗煥元大統領を、死しても許せず、生きて罪を償わせられなかったことがそれほどまでに嘆かわしいのであれば、なぜその正義感、人間としての怒りを金正恩氏には向けないのか。

民主化運動を率先した運動家の二重思考

 韓国と北朝鮮を、76年経った今でも分断したのは誰か。どれほど焦がれようとも、親兄弟らの手を一度も握ることができない1000万の離散家族を産みだしたのは誰か。北朝鮮の人々を、70年間の奴隷生活に服従させ、永遠にロボットのように働かせようとしているのは誰か。自分の叔母の夫を処刑したのは誰か。そんな金正恩氏を崇める人々が、なぜこのように多いのだろうか。

 朝鮮半島の統一が実現しないのは、米国など列強国による分断政策のためなのか。金正恩氏が自身の千年王国を維持するため、自分が永久大統領にならないかぎり、一切の統一を断固拒否するという事実を知らないということか。

 18年間韓国で暮らした今でも当惑し、理解できないのは、光州での民主化運動を率先した運動家や活動家北朝鮮の人権に対して持つ二重思考だ。

 光州事件で犠牲になった数百人の罪のない光州市民に対する痛恨と、彼らの命を奪い取った死刑執行人に対して、限りない怒りとメラメラと燃える復讐心を持つことは当然のことだと考える。人間の尊厳、人命の尊重、人権に対する正義感と良心が、胸中に深く刻み込まれているためだと思う。

 少なくとも現在政権を握っている進歩派陣営の運動家の出身者にとって、光州事件の経験が基礎であり、精神であり、様々な人権活動の元になっている。

 その進歩派陣営の運動家は、なぜ世の中で最も残虐で、広範囲かつ組織的な人権蹂躪を行っている、北朝鮮の独裁集団の蛮行に目をつぶるのだろうか。なぜその代表である人権派弁護士だった文在寅大統領は、平壌の15万人の群衆の前で演説し、金正恩氏を尊敬すると言って、あえて肩を持つのか。

 人権意識がこれほど高いという韓国政府は、なぜ命をかけた死闘の終わりにやっとのことで韓国に脱北してきた北朝鮮の兄弟2人を、世界が見守る面前である板門店で、北朝鮮の人でなしに、犬に餌を与えるように投げ渡すことができるのか。

 なぜ韓半島とは数万里離れた欧州諸国が共同発議した国連人権総会で、全員一致で採択された北朝鮮人権決議案を棄権するのか。

 なぜ薄暗い監獄に閉じ込められ、ただ死を待つ北朝鮮住民たちに、一筋の光ともいえるような、対北朝鮮ビラを送ることまで悪法を作って遮断するのか。

 なぜ、北朝鮮人権活動を支援する統一部の北朝鮮人権財団を、蓋も開けずに捨ててしまったのか。

金正恩を統一の救世主と叫ぶ若者

 金正恩氏の核兵器が恐ろしくてそうするのか。そうでなければ、北朝鮮を利用して、政権の蜜の味をずっと享受するという野望のためだろうか。正しい人権意識が少しでもあるのなら、絶対にやってはいけない、いや、することもできない野蛮的行為である。

 韓国のニセ進歩陣営による、裏表のある人権意識に感化され、大韓民国の中心であるソウルの光化門広場で、「進歩青年連帯」という年若き子供たちが、金正恩将軍称賛大会を開催し、声帯が破れるかのごとく、金正恩氏を統一の救世主で韓半島の未来だと仰ぎまくっている。いったいこれは何なのか。

 最後に、この話は必ず申し上げたい。

 韓国の諺に、「叩く姑より止める小姑の方がより憎い(表向きはかばうふりをしながら、裏で悪口を言ってけなす人の方が憎い)」というものがある。私たち約3万人の脱北者、いや、北朝鮮のすべての迫害と苦痛を受けている2500万の人民は、金正恩氏に寄生し、私腹を肥やすために数々の悪行を働いている、韓国の偽りの人権運動家を決して許すことはない。

 そして、北朝鮮の人権行為に直接的でも間接的でも手を貸している政治家は、全斗煥元大統領が死後も受ける呪いと非難を同様に受けることになるだろう。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「中華」に対する屈従と日本に対する病的な「反日」の共通点

[関連記事]

金与正による初の軍隊視察が暗示している北朝鮮内部の地殻変動

子供の授業を見て驚いた、被害者視点で展開される韓国の歴史教育

裁判所に入る全斗煥元大統領(写真:AP/アフロ)