【元記事をコミックナタリーで読む】

吾峠呼世晴鬼滅の刃」の特集が、本日11月29日発売のAERA12月6日号(朝日新聞出版)で展開。表紙には花江夏樹が登場した。

同号の巻頭特集は、「鬼滅の刃」が巻き起こした社会現象を多角的に読み解く「鬼滅の刃が『心』を育てる」。作品を心の支えにする人々のエピソードや、「Dr.スランプ」や「ドラゴンボール」を担当したマンガ編集者鳥嶋和彦インタビュー、登場人物たちのセリフの分析などを掲載し、同作が“社会現象”といわれるほど人々の心をつかんだ理由に迫る。

蜷川実花が手がける表紙の撮影は、「劇場版鬼滅の刃無限列車編」に登場した花江が演じる竈門炭治郎の“無意識領域”を思わせるセットで実施。また3ページにわたるカラーグラビアインタビューでは、先輩のアドバイスを大切にしながら築き上げてきたという自身の仕事哲学を語っている。

AERA12月6日号