dramatic createは、政界BLアドベンチャーゲーム東京24区 -祈-』のNintendo Switch版を2022年3月24日に発売すると発表した。

 『東京24区 -祈-』は、2020年に発売した18禁BLアドベンチャー『東京24区』のNintendo Switch移植版となる。

 舞台は2020年の東京。主人公其扇晟尋(そのぎ あきひろ)は、ルックスと若さで注目を集めている与党の衆議院議員だ。

 ある日、渋谷のスクランブル交差点で、大規模な自動車爆発が起こる。爆発状況からテロ事件と判断した第99代総理大臣・三条隼人は、テロ対策本部を立ち上げた。数ヶ月後には、国際的なスポーツ大会・IAF(インターナショナルアスリートフェスティバル)の開催を控えている。不穏な情勢のなか、主人公もこの事件の真相を求めて動くことになった。

(画像は『東京24区 -祈-』公式サイトより)
(画像は『東京24区 -祈-』公式サイトより)
(画像は『東京24区 -祈-』公式サイトより)
(画像は『東京24区 -祈-』公式サイトより)
(画像は『東京24区 -祈-』公式サイトより)
(画像は『東京24区 -祈-』公式サイトより)

 本作は「政界」というユニークな題材のなか、テロ事件を中心に政界の人物が描かれるシナリオが展開。国会議事堂や与党の党本部など、アドベンチャーゲームではなかなか登場しない場所を舞台にドラマが繰り広げられていく。

 攻略できるキャラクターには東京都知事や、公安警察私設秘書などが対象となっている。危機の最中、どのような絆が深まるのか気になるところだ。

 今回のNintendo Switch版には、原作スタッフによる新規の後日談シナリオグラフィックなどが追加されることを明らかになっている。また店舗特典として、録り下ろしボイスドラマ音源などが付属する。詳しくは公式サイトを確認してみてほし。

 『東京24区 -祈-』は、Nintendo Switch向けに2022年3月24日に発売予定だ。

『東京24区 -祈-』公式サイトはこちら