―[モラハラ夫の反省文]―


◆「俺は悪くない、みんなそう言ってた」

 DV・モラハラ加害者が、愛と配慮のある関係を作る力を身につけるための学びのコミュニティGADHA」を主宰しているえいなかと申します。

 僕自身もDV・モラハラ加害者です。そのせいでたくさんの人を傷つけ、仕事や家庭が破綻寸前になり、ようやく自身の加害行為、それを生み出す加害的な思考・価値観を自覚しました。現在は日々自分の言動を改善しながら、妻と関係を再構築させてもらっています。

 この連載では、僕自身の経験や当事者会での気づきを共有していきます。職場や家庭でモラハラに苦しんでいる方々、無自覚に加害を行っている方々の参考になれば幸いです。

加害者の特徴は「相談しながら自己正当化

 加害者は、自分の加害性を認識することが非常に苦手です。その理由の1つに、「自己正当化可能な相談をする」というものがあります。

 つまり、人に相談するときに聞き手が「うーん、それはパートナーも過剰な反応じゃない?」「それは普通じゃん、お前は悪くないよ」と言われるような相談の仕方をするということです。

 そしてそれを受けて被害者に「同僚もこんなふうに言ってたし、俺は悪くない」と、自分の正当性を主張するというわけですね。

 しかし、それはあくまで加害や被害の知識が足りない人にしか通用しません。今回はその実例を、個人情報保護のために一部改変しながらお見せします。

◆一見「パートナーのほうがヤバそう」に見える相談

 ある事例では、このような形で相談が始まりました。

「今回の喧嘩のきっかけは、僕が女性支援のための活動をしている団体に寄付をしたことでした。そんなことにお金を使うくらいだったら自分にお金をくれと怒られて……なんで怒られなきゃいけないのかわからず、喧嘩になったんです」

「それに、僕の友人が不景気で仕事が減っていることについて何度か相談に乗っていた時も、『なんでそんな利益にならないことをするのか』と怒られたり、妻は友人を家に招くのに自分はダメだと禁止されたりしていて……」

 彼はそんなふうに小さな怒りや悲しみを抱えて、最後にはこう言いました。

「自分は普通の暮らしをさせてもらえない。妻の奴隷にならなきゃいけないのか、と思います。これが結婚ならもう嫌だ。夫婦だけじゃなく、人と人とが助け合って生きていくのが大切だと思っていたのですが、この考え方は間違っているんでしょうか」

 一見「加害者」が普通の人で、奥さんの方こそヤバい人なのではと思う人も多いでしょう。DV・モラハラを知らない人が素直に聞けばそう思うのも自然な内容です。

 しかし、多くの加害者被害者の方々と話を聞いていくと、だんだんこういった話を額面通りに受け取ることはしなくなっていきます。同じ現象に見えても、立場が違えば全く異なった形に見えてくるからです。

 そもそも、本人は「離婚したくない」と思ってGADHAに来てくださっているわけですが、これだけ見ると明らかに相手に不満を抱えています。

 すでに関係の危機もあるので、両者が合意しているなら離婚してもいいはずなのにしない、その背景には何があるのでしょうか。

◆逆の立場から見れば全く違う世界に

 そこで僕は以下について尋ねました。

もしかして、あなたはパートナーのお金の使い道をかなり厳しく制限したり、ひとつひとつあなたが許可を出すような形にしていませんか?」

パートナーが友達の相談、愚痴を聞いていることを馬鹿にしたり、どうでもいいことのように扱っていませんか? 例えば電話で相談に乗っているのを、無駄だからやめろと言ったりしていませんか」

「同僚や友達を家に連れてきた時、遅くまで飲み続けたり、パートナーに迷惑をかけたりしたことはありませんか?」と。

 そう尋ねてみると、彼は全てについて程度の差はあれ「確かにそうです」と答えました。つまり、この相談内容は、妻の視点からは以下のようにも語り直すことができます。

「彼は会ったこともない女性には10万円も寄付をするのに、家計に関することには許可なしには物を買わせない。私の優先順位はそんなに低いんだ……と絶望しました」

「彼は、そんな一銭にもならないような相談に乗ってる暇があったら掃除でもしろよと言って不機嫌になります。でも、彼はこちらは晩御飯の準備もしているのに、いきなり当日に友達の相談に乗るからと予定を簡単に変えたり平気でします」

「私が友達を家に呼んでいるのは主に平日の日中で、彼がいないときです。別に部屋が汚くなるわけでもうるさくなるわけでもありません。それなのに、彼は平日の夜や土日に遅くまで友達を家に呼ぶことを同じようなことだと思っているんです。掃除するのも準備するのも誰だと思っているのか……彼の身勝手にはもう本当にうんざりなんです」

 というように。

 彼は話をしているうちに「確かにそうかもしれない……。いま、ハンマーで頭をぶん殴られたような衝撃を受けています」と言っていました。このように世界を見たことが今までで一度もなかったのです。

加害者変容に必要なのは、同じ知識を持った仲間

 加害者変容が難しい最大の理由の1つは、「加害の自覚を持つことが極めて困難」なことにあります。

 今回のように、実際に生じているトラブルも認識がそもそもズレていれば誰かに相談しても「それはお前悪くないよ」「そのくらい普通じゃない?」と正当化してもらえてしまうのです。

 GADHAでは、加害者変容に必要なのは「知識を持った仲間である」と確信しています。このような場面においても自分達の加害性に目を向け、正当化したい気持ちや、そもそも認識を歪めてしまっていることに気づくことができるからです。

 また、人は「そんなんじゃだめだ」「お前がおかしい」などと、言われたら言われたでうまく受け止めることができないものです。正しさや正論というのは、時に鋭すぎて変容には向かないことがあります。

 知識を持った「仲間」に相談するもう1つのメリットは「わかる」「自分もそうです」と、そのある種の「弱さ」をジャッジするのではなくて、共感することから始めることができるからです。GADHAに集まっている全員が、加害者の自覚を持っているからです。

被害者のためのDV・モラハラを見抜くポイント

 もしかして相手がモラハラかも……と思うことは、愛する相手であるほど簡単ではないと思います。相談する相手によっては「そのくらい誰でもそうじゃない?」と言われてしまうこともあります。被害者の方も、専門機関に相談することで自分の被害を初めて言語化できるということが少なくありません。ぜひ「モラハラ 相談」などで検索し、然るべき機関に相談されることをお勧めします。

加害者のためのDV・モラハラを自覚するポイント

 自分がモラハラかも、と少しでも疑問を持っている人は、どうか知識を持っていない友人などに自己正当化可能な相談をするのではなく、それを自覚して変容しようとしているコミュニティに自分の葛藤を共有してみてください。あなたを裁くためではなく、人と幸せに生きていけるように一緒に学び変容していくために、私たちはGADHAを運営しています。

【えいなか】
DVモラハラなどを行う「悪意のない加害者」の変容を目指すコミュニティGADHA」代表。自身もDV・モラハラ加害を行い、妻と離婚の危機を迎えた経験を持つ。加害者としての自覚を持ってカウンセリングを受け、自身もさまざまな関連知識を学習し、妻との気遣いあえる関係を再構築した。現在はそこで得られた知識を加害者変容理論としてまとめ、多くの加害者に届け、被害者が減ることを目指し活動中。大切な人を大切にする方法は学べる、人は変われると信じています。賛同下さる方は、ぜひGADHAの当事者会やプログラムにご参加ください。ツイッターえいなか

―[モラハラ夫の反省文]―


一見、パートナーのほうがヤバそうな相談でもよくよく聞いてみると相談者のほうがはるかに問題アリだったというケースは多い