パチンコ画像

画像はイメージ

パチンコをする人の中には、五十歩百歩というか、同じ穴の狢というか、自分と大して変わらない人を指してバカにする人が多い。たとえばネット掲示板とかでパチンコホールの常連が書き込んでいるものを読んでみると、こういうことがよく書いてある。

「あの客、また来てるわ。毎日来るとか依存症だろ」

この発言に「うわぁ」ってなっちゃう人もいるだろう。そう、他者の来店頻度に言及出来るほどに、この書き込みをした者もまた、毎日パチンコをしに来ているのだ。思わず「お前も依存症だろ」とツッコミたくなってしまう。

こういうのが、本当に多い。今日はこの、パチンコをする人が度々陥ってしまう「パチンコしてる時点でお前も同類でしょ、偉そうに言うなよ」案件の一例をご紹介していきたい。(文:松本ミゾレ)

他人の行動にいちいち批判的な人々

先日、2ちゃんねるに「電車で一時間以上かけてホール通う奴wwww」というスレッドが立っていた。スレ主は「引っ越せばいいのに」と書き込んでいる。でも、わざわざパチンコするために引っ越す人なんていない。電車で時間を掛けて行きたい店に行ってるだけの、言わば同じ趣味を持つ同類に対してわざわざそんなこと言わなくても……と、穏健派パチンコ依存症の僕は思っちゃうなぁ。

そんなん言われたら、郊外とか田舎は車で数十分掛けないと打てるお店以前に、そもそもパチンコ店がなかったりもするし。また、近隣にパチンコ店があっても、釘が悪いと「いくら近所でもね」と敬遠するのは当然。みんな負けたくはないわけだし。

車や電車で1時間かけるのも大変だけど、行きたい人がその価値があると思っているんなら、他人がとやかく言うほどのことでもないよね。パチンコの客層って、何かにつけてこういう感じで、他人の行動に批判的な人が多い。僕も正直そういうところがある。現に今こうして、パチンコホールに電車で向かう人を嗤う人を否定してるわけだし。

「費用対効果な見返りあるなら当然の行為」

ちなみに、店によって勝ちやすい、負けやすいってのは実際に結構な違いがあるもので、優良店となれば朝には数百人が並ぶってことも珍しくない。勝ちたい人は多少不便でも車や電車で遠くの優良店を目指すし、朝早くから並んで抽選を受け、開店の時間になるまで店の前で暑い日も寒い日も、文句ひとつ言わず並ぶ。

そうして見事に狙い台を抑えて見事に勝つのが得意だって人も未だにチラホラいる。スレッドにも、そういう人たちの、勝利のために移動にも時間をかけているという書き込みがある。

「休日は車で30分と高速代1000円かけて通ってる。お目当ては無双k20と源k23。近所がボッタ過ぎてとてもじゃないか平打ちなんてできません」
「田舎だから車で1時間だわ。行きはウキウキだけど負けた時は苦痛」
「費用対効果な見返りあるなら当然の行為」

と、こんな具合で、勝つためには多少の遠出を我慢している意識の高いギャンブラーが何人もいた。

k20とかk23とかいうのは、1000円で何回転遊べるか、という意味を持つ。大体1000円で20回以上回れば、スペックにもよるけど長時間打つほどに勝ちやすくなる。23回転も回るなら、よほど展開がおかしくない限りは楽しく遊べそうだ。ちなみに、昨日僕が打ったパチンコ台は1000円で12回しか回らず、驚きのあまりに椅子ごとひっくり返りそうになった。

電車を使って、1時間使っても結局勝って交通費も浮けばOKって本人が思っているならそれでいいのだ。もうパチンコユーザーは全国に710万人ぐらいしかいないらしいし、大半は高齢者だから数年でいなくなる。残された者同士でいがみ合ったり、貶し合っても意味がない。仲良く一緒に沼に沈んでいこうじゃないか。

電車で1時間かけてパチンコに行く人を嘲笑うパチンコファンに感じること