今回紹介したいのは、こーじさんが投稿した『【物理エンジン】おむすびころりんを再現すると斜面の角度がやばかった』という動画です。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 コンピューターを用いたシミュレーション物理エンジン」で様々な事象を検証している投稿者のこーじさん。今回は童話『おむすびころりん』のおむすびは、山の斜面が何度だったら転がるのかを検証します。

 こーじいさんおばあさんからもらったおむすびはこちら。高さ8㎝くらい、重さ100gの三角おむすびです。

 穴までの距離は5mとします。

 まずは角度0度。足元に落ち、そのまま転がりません。

 次は角度20度。こちらもほとんど転がりませんでした。

 角度30度でようやく少し転がります。

 35度、40度と傾斜が厳しくなると共に距離を伸ばすおむすび

 そして角度45度でついに穴まで到達!

 45度で転がることがわかったので山の斜面を45度にして実際の景色を再現しました。

 ほぼ崖で怖い。おじいさんは何故こんなところで昼食を食べたのか。新たな謎が産まれそうです。

 三角おむすびが「おむすびころりん、すっとんとん♪」するのはかなり危ない場所、ということがわかった今回の検証。徐々に危険度を増す映像に興味を持たれた方は、ぜひ動画もご覧ください。

視聴者コメント

なるほど
wwwwww
・激坂じゃねーか
・坂ってより一般的には崖と言われるクラスだな
・足滑らしたらヤバいレベル

▼動画はこちらから視聴できます

【物理エンジン】おむすびころりんを再現すると斜面の角度がやばかった

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

コタツにみかん…マックスで何個まで積めるのか“物理的に”検証してみた。冬の風物詩×荒ぶる物理エンジンの回答をご覧あれ

“アンパンチ”を物理エンジンで徹底解明してみた。“頭を大きく”することでカロリーを増やせば、ワンパンチの威力は爆発的に向上するらしい