カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 玄関のドアを開けた時、そこに熊がいたら「ギャァァア~~!」となるだろう。だがこの女性の場合は違っていた。

 ちょっと驚いたものの、「熊さん、ドアを閉めていただけませんか?」と丁寧な口調で何度もお願いした。

 マジ熊が人間の言葉をわかるわけがないだろうし、聞くはずがないと思いきや、わかるんかーい!熊はドアの取っ手を口にくわえ、本当にドアを閉めたのだ。

【画像】 礼儀正しい熊、ドアを閉めてとお願いされちゃんと閉める

Bear Politely Closes Door

 アメリカニュージャージー州ハイランドレイクスの山の中、人里離れた場所に住んでいる女性が、自宅のドアを開けたところ、そこには1頭の熊が!

 女性は「ミスター熊さん。そのドアを閉めていただけませんか?」と丁寧な口調でお願いした。最初はとぼけていた熊だが、「お願いします、閉めてください」と言われると、口でドアノブをくわえ、ドアを閉め始めたではないか!

1

 だが名残惜しそうで、あと少しで完全にドアが閉まるものの、そこでいったん口からドアノブを放し、しゃがみこんでしまう。

・合わせて読みたい→アメリカの女性レポーターに学ぶ、「クマに遭遇した時の7つの対処法」

2

 女性はさらに「まだ完全に閉まってませんよ。寒い空気が家の中に入ってきてしまいます。ちゃんと閉めてください」とお願いする。

 これで熊は諦めがついたのか、完全にドアを閉めたのだ。

3

 人間の言葉を理解し、その通りに行動してくれるとは驚きだ。

 実はこの付近にはたくさんの熊が住んでおり、女性はたくさんの熊と信頼関係を築いているという。この熊も女性が熱心に教えたところ、ドアを閉めてくれるようになったようだ。

 そうだよね。まさか初見でこれはやらないよね。それにしても愛情をこめて指導すれば、熊も自分の意にそぐわないことでも、言うことを聞いてくれるようになるんだね。

 とは言え、普通の人がクマに遭遇した時に「そこをどいてくれませんか?」とお願いしても絶対にどいてはくれないとおもうので、真似をしないようにね。

written by / parumo

[もっと知りたい!→]孤児となったヒグマを世話することに人生を捧げたフィンランドのクマおじさん

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

熊も真剣に頼めばお願いを聞いてくれる。「ドアを閉めてくれませんか?」と言われその通りにした熊