起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。

 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連載第81回)。

の中の合同慰霊葬儀

 降りはじめた雨のなか、福岡県久留米市にある葬祭センターに集まってきた喪服姿の男女は、みな一様に押し黙っていた――。

 2003年7月13日のことだ。時計の針はまもなく午後1時にさしかかろうとしている。

 総勢250人にも及ぶ弔問客は、例外なく建物の前にある駐車場に車を停め、受付を済ませると足早に式場内へと入っていく。集まった報道陣が声をかけようとすると、顔をそむけて無言で駆け出す。

 かたくなともいえる様子は、悲しみに言葉を失ったというよりも、身内に突然ふりかかった忌わしい出来事に口を閉ざす、といった表現のほうがふさわしい感がある。その姿は明らかに拒絶、だった。

 正面入口には、大きな表示板が掲げられていた。

〈緒方孝(仮名、以下同)・和美・隆也・智恵子・花奈・佑介、合同慰霊葬儀式場〉

 自然災害や事故でないにもかかわらず、6人もの名前が連なる葬儀。さらに、それだけの人数の葬儀であるはずなのに、棺がまったくないということが、「遺体無き殺人事件」の無残さを物語っていた。

「すべてのことは遺族の方々の胸に秘めさせてください」

 式場内に入ってすぐの廊下の突き当たりには花壇があり、亡くなった6人が揃って収められた写真が飾られている。家族全員の集合写真ではなく、個々の写真を合成して作られたものだ。

 その奥には祭壇となった広間があり、壁一面の花のなかに6人各々の写真が額に入れられ、横一列に並ぶ。

 約1時間半後、式場をあとにする人々は、やはり集まってきた時と同じで、みな一様に口をつぐみ、小走りで車に乗り込み立ち去っていった。

 涙を拭いつつ式場から出てくる女性もいたが、警備員は報道陣が敷地内に入ることを一切許さず、そばに寄って話を訊くこともままならない。

「すべてのことは遺族の方々の胸に秘めさせてくださいということです」

 式場関係者の短い言葉が、唯一の公式なコメントとして出されただけだった。それが残された親族や関係者のやりきれない心情であると捉えることしか、その場にいた私にはできなかった。

 これが、松永太と緒方純子によって殲滅された緒方一家の、事件発覚から1年4カ月後の葬儀の様子である。

 親族を無残に殺害された遺族の怒りについては、福岡地裁小倉支部で開かれた公判における、検察側の論告書(以下、論告書)のなかでの、〈遺族の処罰感情〉という項目からも窺い知ることができる。

人間性を取り戻した姪・緒方については嬉しい

●緒方家親族A(原文実名、以下同)の処罰感情

 

〈Aは、孝(緒方の父)の弟であり、捜査段階において、「孝は、勝ち気で、活発な性格をしており、行動力があって、非常に頼りがいのある人でした。私は、弟として、常に、兄と比較されているような感覚があり、時には辛いときもありましたが、基本的には、大変尊敬に値する、どこに出しても、誰に紹介しても恥ずかしくない、誇れる兄だったと言えます。」などとも述べているが、他方において、緒方にとっては叔父でもある。つまり、Aは、遺族ではあるものの、合計7名を惨殺した殺人事件の被告人である緒方の身内であるという、複雑な立場に置かれている〉

 

そのうえで、身内である緒方の処罰について、公判内で以下の証言をしていた。

〈「(緒方純子は)親族とはいえ、世間さまにご迷惑をおかけして…。松永による色々な虐待の中で、苦しみながら、本当は正常な気持ちでやったんじゃないと、私は、そういうふうに思っております。しかしながら、そんな虐待を受けながらの犯行とはいえ、やはり、親兄弟、妹夫婦、小さな子供まで殺害した罪というのは、これは、決して許されるべきことではないと、私は思います。ですから、いかなる刑が下ろうとも、純子自身も、それに殉じてもらいたいというふうに思います。」

 

「純子に言っておきたいことがあります。理解できないかも知れませんけれど、私には、若いころの純子だけしか記憶にございません。松永によって人間性を変えられた純子というものは、あまり知りませんけれども、以前の、私が知っている純子の立場で考えますと、本当に残念で、残念で仕方がありません。あの優しい子が、こういった形で刑を受けるということは、親族として、本当に辛いことです。しかしながら、やったものについては、罪を償ってもらわなければならないし、そういうことで、純子はやっと解放され、人間性を取り戻し、真実を話してきている。この状況だけは、叔父として、こんな言葉を言って良いか分かりませんけれども、そういうふうな人間性を取り戻したことについては、嬉しく思っております。もちろん、人間性を取り戻したからこそ、真実を述べ、そして、覚悟はできているということじゃないかと思います。ですから、純子の両親、家族、全部、私が位牌を持ってきて、仏壇に飾って供養しております。そういうことをしっかり分かっていただいて、どういうことになろうと、安心をしていただきたいと思います。」〉

松永がやったような形で処罰してほしい

 これはつまり、親族である緒方に対して、彼女が殺害した家族の供養は行うから、「安心して」(死刑を意味すると思われる)刑を受け、罪を償って欲しいというものだ。彼はまた、公判内で否認を貫く松永の態度や発言に対して、苛立ちや悔しさを滲ませ、厳しい口調で非難する。

〈「結局は、家族が、家族同士でやったことだというような、言わば死人に口無しというような、そういうような発言をしてること自体も、本当におかしいんじゃないかと思います。そういう発言を聞けば、親族としては、いても立ってもいられない、本当に悔しい心境でございます。」

 

「(処罰について)はっきり言って、松永がやったような形でやりたいです。しかしながら、そのようなこともできませんし、これはもうはっきり、死刑ということを要望いたします。できれば、松永が孝らに実際にやった方法で、松永を殺したいです。もちろんできません。そういうことは。できないけれども、遺族としては、そういう心境に、それだけ辛かったということなんです。小さい花奈とか、佑介あたりが、どういう気持ちで亡くなっただろうかということを考えますときに、やはりそういったことを思います。」

 

「私達親族の心が癒されるのは、松永に死刑の判決が下ったときだと思っております。」〉

死刑にしないならばいっそ釈放して欲しい

●緒方家親族Bの処罰感情

 

〈やはり孝の弟であるBは、公判廷において、本件一連の犯行により6名もの親族を奪われたことに加え、被告人両名(松永と緒方)が遺体を徹底的に損壊処分したために、遺族は遺骨すら返してもらえず、緒方一家死亡後数年を経て行われた葬儀の際にも、棺もなく、ただ遺影を入れた骨壺を6つ並べることしかできなかった無念と、やり場のない怒りを訴えた。

 

 その上で、Bは、松永に対する処罰として、本件一連の犯行の首謀者は松永である以上、松永には死刑こそが相応しいとし、万が一松永が死刑にならないようなことがあるならば、自分が松永を殺して家族の仇をとりたい、死刑にしないならばいっそ釈放して欲しいとま裁判官に訴え、無情にも緒方一家6名全員を殺害し、その後ものうのうと完全犯罪を決め込み、検挙されて起訴された後も不合理な弁解に終始している松永に対する激しい怒りを述べている。

 

 他方、Bは、緒方に対する処罰感情として、松永の指示と、虐待による影響がさぞ大きかったのであろうと推測し、緒方の叔父でもあるという複雑な立場から、具体的な刑罰については明言こそ避けたものの、「やはり、純子が犯した罪は決して許すことができないと私は思います。ですから、やはり法の裁きに準じて、是非その刑を受けていただきたいと思います。」と述べ、緒方に対してもその犯した罪と、これに見合う刑罰と向き合うことを強く求めている〉

 死刑判決でも足りない松永、少しでも軽い刑にしてやりたい緒方

●山田サトミ(仮名)の処罰感情

 

〈緒方和美(緒方の母)の実姉である山田サトミは、公判廷において、和美との関係を振り返り、「和美は、妹であると同時に、娘のような存在でもあった。私にとって、すべてを分かち合って相談できるような相手は、和美より他にいなかった。」と述べ、和美が本件に巻き込まれてさえいなければ、今後もたった2人の姉妹同士、一緒に助け合い、これまで苦労してきた分も一緒に旅行に行ったり温泉に行ったりしたかったと、和美を失った深い悲しみを述べている。

 

 また、サトミは、松永については、和美が生前に松永から受けていたひどい仕打ちや、その果てにこのように殺害されたことを思い起こせば、松永については死刑判決でも足りない、もっとひどい罰はないかと思うと述べている。

 

 他方で、サトミは、緒方に対し、その伯母としての立場と、松永と知り合う前の素直な緒方の姿を思い返せば、松永と出会ったことが緒方をここまで変えてしまったのであろうと述べ、緒方については、少しでも刑を軽くしてやって欲しいと述べた〉

 論告書では、こうした緒方家の親族が抱く処罰感情に触れ、次のようにまとめている。

〈以上のとおり、本件に関する遺族の処罰感情は、松永に対してはこの上なくしゅん烈であり、いずれも口を揃えて松永の速やかな死刑判決を求めている。

 

 また、緒方に対する関係では、(中略)A、B及びサトミは、遺族であると共に緒方の親族でもあるという微妙な立場にあることから、やや緒方に肩入れした意見も散見されるが、やはり、大筋で、その犯した罪の重さを受け入れることを望んでいる〉

 遺族による処罰感情を述べたのは、ここに挙げた3人だけではない。その他の遺族については次回に記す。

第82回へ続く

「この害虫どもは、それに値する制裁を加えてやらねば」松永太の残虐な犯行に遺族が訴えたこと へ続く

(小野 一光)

北九州監禁連続殺人事件をめぐる人物相関図