カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 現代の都会人は「かかし」を知っているのだろうか?農作物を鳥などから守るため、田畑に設置する人を模した物体だ。

 人間が見張っている風を演出する為、服を着せ、帽子を被せた人型タイプが一般的だが、中にはクリエイティブが突出したタイプも存在する。

 チェコ共和国では、自転車を改造したゴーストライダー風のかかしが存在するという。特にハロウィンとは全く関係ないそうだ。

【画像】 ゴーストライダーかかし

Strašak z Podmoklan - Scarecrow on bicycle

 かかしは世界各地に存在し、英語ではカラスを驚かせるの意味で「スケアクロウScarecrow)」と呼ばれている。

 棒に細工をして古着を着せた人型タイプが多いが、中には創作性の高いかかしもある。チェコのヴィソチナ地域にあるポドモクラニ村には、自転車の前輪を使い、ドクロのお面をつけ、黒いマントを着せたゴーストライダーかかしがいる。

1

  風に吹かれるとマントをなびかせながら、クルクルと回る。ゴーストなのでちゃんと足もない(なんのこっちゃ)

[もっと知りたい!→]日本にもあった。村のいたるところに人形がいる徳島県「奥祖谷かかしの里」

2

 一般的なかかしよりも効果があるのかどうかはわからないが、少なくとも人間には効果がありそうだ。心霊スポットになるかもだし、そうでもないのかもしれない。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

そら人間も逃げるわ。ゴーストライダーかかし