1日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、新型コロナウイルスの新変異種「オミクロン株」について特集。その中での出演者でお笑いコンビおぎやはぎの矢作兼の発言が賛否両論を集めている。

 ​>>玉川徹氏「もう本当に馬鹿だと思う」政府のオミクロン株対策に怒り「クビにしたくなってくる」発言で賛否<<​​​

 オミクロン株の感染が各国で広がりを見せていることを受け、政府は11月30日から外国人の新規入国を原則停止。かつてない素早い対応を評価する声が多く集まっている。

 この話題について話を振られた矢作は、「久しぶりに新しいの(変異種)が出てきて。分からないからいろいろ今のうちから最善の策をやっている」と、オミクロン株の詳細が分からないため、政府は念には念を入れた対応を行っていると指摘した。

 しかし矢作は、「こういうことやったときに限って大したことないっていう」といい、「僕がよくスタッドレスタイヤに履き替えると絶対に雪が降らないっていう」と明かすと、スタジオ出演者たちは苦笑い。続けて、「やればやるほどね、オミクロン大したことない説っていうのが、僕の中にありますから」と指摘していたが、MCの坂上忍は「でも危機管理の面からいうと、“やり損”が間違いじゃない」とやんわりと反論していた。

 この矢作の発言にネット上からは「一理ある」「メディアが騒ぎ過ぎ」「実際感染しても軽症なんでしょ?」などと矢作に賛同する声が集まることに。

 一方、批判的な声も多く、ネットから「緊張感なさすぎ」「対策したらしたで文句言うのか」「対策しないよりした方がいいでしょ」「発言適当すぎる」「そうじゃなかったら責任取れるの?」という厳しい声もあった。

 新たな変異種なだけに、多くの人がさまざまな思いを抱いているようだ。

おぎやはぎ・矢作兼