イザナギゲームズは、脱出アドベンチャーゲーム弾幕シューティングゲームを組み合わせた『冤罪執行遊戯ユルキル』を2022年4月14日に発売すると発表した。

 プラットフォームはPS4PS5Nintendo Switch。またのちにPC(Steam)での発売も予定されている。

 『冤罪執行遊戯ユルキル』は、犯罪者とその被害者遊園地ユルキルランドで戦いを繰り広げる脱出アドベンチャーゲーム弾幕シューティングゲーム

 ある日、謎の女性に「遊園地でさまざまなアトラクションに挑み、勝利すれば無罪放免です」と告げられた春秋千石。彼は冤罪を主張しているものの、21人の家族を焼き殺した放火殺人犯とされ服役している囚人だ。

 そうして連れてこられた遊園地「ユルキルランド」には、他の犯罪者とその被害者、さらには春秋千石に殺された被害者莇リナの姿がいた。

 アトラクション犯罪者を「囚人」、被害者を「執行人」と呼び、チームを組んでそれぞれが挑むというもの。

 こうして春秋千石は莇リナとチームを組むことになり、アトラクションに挑むことになった。「大量殺人」、「双子殺人」、「謀略殺人」、「ストーカー殺人」、「覗き魔」、それぞれのチームで戦い勝ち残るのは誰なのか。

(画像はYouTube「【冤罪執行遊戯ユルキル】チーム紹介PV: 大量殺人チーム (Mass Murderers)」より)
(画像はYouTube「【冤罪執行遊戯ユルキル】チーム紹介PV: 大量殺人チーム (Mass Murderers)」より)
(画像はYouTube「【冤罪執行遊戯ユルキル】チーム紹介PV: 大量殺人チーム (Mass Murderers)」より)
(画像はYouTube「【冤罪執行遊戯ユルキル】チーム紹介PV: 大量殺人チーム (Mass Murderers)」より)

 ゲーム主人公が章ごとに変化する多面的にストーリーが展開。アドベンチャーパートでは、アトラクションを捜査して手がかりをもとにパズルを解いていく。さらにゲーム内の先端技術BR(ブレインリアリティ)で作り出された仮想空間で、囚人の生死をかけてシューティングバトルへと発展する。

 シューティングバトル中にはクイズや証拠を突きつけることもあり、ストーリーと絡んでいるのが特徴だ。

 『賭ケグルイ』の河本ほむらが原作、その弟の武野光氏シナリオを担当、『蒼き革命のヴァルキュリア』の清原紘氏キャラクターデザインBGMは『モンスターハンターシリーズ小見山優子氏が担当。シューティングパートの開発はグレフが担当している。

 脱出アドベンチャーゲーム弾幕シューティングゲームを組み合わせた異色作『冤罪執行遊戯ユルキル』、発売日は2022年4月14日だ。

『冤罪執行遊戯ユルキル』公式サイトはこちら『冤罪執行遊戯ユルキル』公式Twitterはこちら