吉高由里子が主演を務める金曜ドラマ「最愛」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第8話が、12月3日(金)に放送される。

【写真を見る】少し照れた表情を見せる松下洸平“大輝”

同作は、金曜ドラマアンナチュラル」(2018年)や「MIU404」(2020年)を生み出してきたプロデューサー・新井順子氏と演出・塚原あゆ子氏、そして2人とは金曜ドラマ「夜行観覧車」(2013年)、「リバース」(2017年、以上TBS系)でタッグを組んだ脚本家の奥寺佐渡子氏と清水友佳子氏が手掛ける完全オリジナルドラマ

殺人事件の重要参考人となった実業家・梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の3人を中心に、15年前の失踪事件から現在の連続殺人事件へとつながる謎に迫るサスペンスラブストーリーだ。

ドラマには、梨央が代表取締役を務める「真田ウェルネス」の専務で、梨央とは対立関係にある後藤信介を演じる及川光博や、“情報屋”として素性を隠して生きてきた梨央の弟・朝宮優を演じる高橋文哉、大輝とコンビを組んで殺人事件を追う刑事・桑田仁美を演じる佐久間由衣らも出演している。

また、梨央の父・朝宮達雄を光石研が演じる他、薬師丸ひろ子津田健次郎田中みな実など個性豊かな面々がストーリーを盛り上げている。

11月26日に放送された第7話は、まさに衝撃の結末だった。しおり(田中)の「もしも明日この世が終わるとしたら、その瞬間にも私は“もしも”を考え続けているんだろうか」というモノローグから始まった第7話。そんな彼女に待ち受けていたのは、切なすぎる“死”だった。

想像を超えた驚きのラストと、思わずゾッとする演出がSNS上では大きな反響を呼んだ。

■15年前に人生が一変した2人の女性

大輝の話から15年前の合同合宿でしおりに会っていたことを思い出した梨央。そんな梨央に対して、しおりは人生が一変した日のことをゆっくりと語り出す。合宿の日、康介に抱えられてぐったりとしていたしおりに気付き駆け寄る梨央。しかし、他の場所から手伝いを求められ、異変を感じながらもその場を去った梨央の手をしおりはつかむことができなかった。

最後まで“もしも”を1人で考え続けたしおりと、“もしも”を考えようとすると「“もしも”の話より、先を見たほうがいい」と言ってくれる大輝がそばにいる梨央。そんな2人の対比は衝撃のラストシーンにも現れる。

第6話で「殺されるのも悪くないなって思ったんです。私の名前がトップニュースに出る、大勢の人が私をかわいそうって言ってくれる。そう思ったらゾクゾクしたんです」と話していたしおり。しかし、しおりの死を知らせるニュースは「30代女性」と表記され、優といつも通りの朝を迎えた梨央はそのニュースに目を向けることすらなかった。

思わずゾッとする巧みな演出に「ニュースに気付いて梨央が驚くっていうのが一般的な演出だよね…」「本当に鳥肌立った」「神的な演出…」「えぐい対比だ」などの声が上がっている。

■優のファインプレーに「グッジョブ!」の声

また、優のファインプレーにも多くの反響があった。お互いのためを思って「会わない」選択をしようとしていた梨央と大輝を引き合わせ、料理を振る舞うと「ビールがない!」と立ち上がり、買い物に出かけた優。

“最愛”の人たちによって、自分が犯した罪、そして自らの病気としっかり向き合い始めた優によるアシストに「最高のキューピット!」「MVPです」「優グッジョブ!」などの声が集まっている。

■正義か裏切りか…第8話あらすじ

第8話は――

しおり(田中)の遺体が発見された。現場の状況から雑居ビルからの転落と考えられたが、昭(酒向芳)殺害事件の参考人となっていたタイミングだったこともあり、山尾(津田)は事件性を疑う。

出社した梨央(吉高)は、秘書の児島(宮下かな子)からしおりと後藤(及川)がもめていたようだと聞かされる。しかし、その後藤とは加瀬(井浦)も前日から連絡が取れず、行方をつかめずにいた。

しおりが亡くなる前日、彼女と会っていたことで警察から事情聴取を受けることになった梨央。そんな彼女を、捜査本部を外されて所轄の生活安全課に異動になっていた大輝(松下)が訪ねてきた。大輝の母が送ってくれたという故郷の酒を飲む2人の間には穏やかな時間が流れる。

一方、しおりの周辺を捜査していた桑田(佐久間)は、上司の山尾から事件に関するネタを大輝からうまく聞き出すようはっぱをかけられてしまう。気が進まない中、大輝のもとを訪ねる桑田は、かつての相棒に捜査の協力を懇願する。

そんな中、加瀬は梓(薬師丸)と今後の策を練っていた。梓から後藤が向かうと思われる場所を聞いた加瀬は、早速梨央の元へと向かう。

――という物語が描かれる。

公式ホームページなどで見ることができる予告動画は、“隠し通すこと暴くこと”というテロップとともに、後藤の「他人を信用していた私が間違っていた」という声と、男性につかみかかる様子が映し出される。

また、“正義か裏切りか”の文字とともに、「なんでいつも私の味方してくれるの」と言いながら頭を抱える梨央の姿が。その後、加瀬が「なぜこんなことしたんです!」と叫ぶシーンや、後藤が懸命に何かを壊している様子が映る。

予告動画を見たファンからは「後藤さん怪しすぎる」「しおりは犯人じゃなかったの…?」「梓さんが最近出てこない…気になる!」「梨央ちゃんまた疑われるの?」などといった声が上がっている。

「最愛」第8話は、12月3日(金)夜10時放送。

吉高由里子“梨央”と井浦新“加瀬”は手掛かりを探す/(C)TBS