複数のアイドルグループが存在しているジャニーズ事務所。一つとして同じグループがないように、披露する楽曲も実にさまざまです。ジャンルも多岐に渡り、王道のアイドルソングから、激しいロックヒップホップバラードなど、個性豊かな音楽で私たちを楽しませてくれています。しかし中には、デビュー当時から大きく印象が変わったグループも存在するようです。そこで今回は、最近楽曲の路線が変わったなーと思うジャニーズグループがどこなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 ジャニーズWEST
2位 関ジャニ∞
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

1位は「King & Prince」!


2018年5月23日シングルシンデレラガール』でCDデビューしたKing & Princeジャニーズアイドルらしい王道とも言うべき王子様系路線でたくさんのファンを獲得しました。大きく印象を変えたのが5枚目のシングル『Mazy Night』。キラキラとした王子様の印象から一変、スキルの高さを活かした激しいダンスで魅了しました。7枚目のシングルMagic Touch/Beating Hearts』では、さらに難易度の高いダンスを披露するなど、デビュー曲とのギャップに驚いた人も多いようです。コロナ禍以前はアメリカダンス修行を行うなど、実はかなりダンスに力を入れているグループキラキラしたアイドルからダンサブルなステージまで、その幅の広さが彼らの魅力と言えそうです。

2位は「関ジャニ∞」!


2004年9月22日シングル『浪花いろは節』でセンセーショナルなデビューを飾った関ジャニ∞ダンスステージだけでなく、バンドスタイルステージを作ることもあるのが彼らの大きな特徴。それだけに、音楽ジャンルの幅広さはジャニーズの中でもトップクラスを誇ります。2020年リリースの『Re:LIVE』は、ファンであるeighterから歌詞を募集し、ファンメンバーとで作り上げた作品となっています。また、2021年リリースの『キミトミタイセカイ』では、しっとりとした大人のバラード曲を披露しています。デビュー曲からの系譜をたどると随分と様変わりしており、路線が変わった印象を受けた人が多かったようですね。

3位は「ジャニーズWEST」!


2014年4月23日シングル『ええじゃないか』でCDデビューしたジャニーズWEST。誰もがハイテンションになれるお祭りソングと共に華々しくデビューしました。2枚目のシングルジパング・おおきに大作戦/夢を抱きしめて』や7枚目のシングル『おーさか☆愛・EYE・哀』のように関西色を打ち出している印象が強い人も多いかもしれませんが、実は幅広いジャンルを歌っています。特に2020年リリースの『証拠』から続く楽曲では、これまでと印象が変わったと感じる人も多いのではないでしょうか。山口隆(サンボマスター)が作詞作曲を手掛けた『週刊うまくいく曜日』、あいみょん作詞作曲の『サムシングニュー』などアーティストとのコラボレーションによって、さらにジャニーズWESTの魅力が引き出されています。

デビュー曲の印象を塗り替えるようなインパクトを残すグループが上位に並んだ今回のランキング。気になる4位~12位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが最近、楽曲の路線が変わったなーと思うジャニーズグループは、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,258
調査期間:2021年8月10日2021年8月24日
最近楽曲の路線が変わったなーと思うジャニーズグループランキング