TOKYO MX地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月~金曜7:00~)。11月22日(月)の「ニュースFLASH」のコーナーでは、環境省が前倒しで予算計上する“グリーンライフポイント制度”について取り上げました。

環境省グリーンライフポイント制度の予算を前倒しで計上

環境に配慮した行動に企業や自治体ポイントを付与するグリーンライフポイント」制度。それにかかる予算について、環境省は来年度当初予算の概算要求に盛り込んでいましたが、2050年の脱炭素社会実現には生活様式の転換を加速させる必要があるとして前倒しし、今年度補正予算案に約100億円を計上する方針を固めました。

これはポイントを別の買い物や商品との交換などに使えるようにするもので、原資は企業や自治体が拠出。すでに運用しているポイント制度に環境配慮分も上乗せる仕組みも想定しており、実際にポイント付与が始まるのは来年度になる見通しです。

なお、グリーンライフポイントの付与対象としては、再生可能エネルギーへの切り替えや期限が迫った食品購入、ストローなどプラスチック製品を受けとらないこと、衣服を長持ちさせる・修繕を行う取り組みなどとなっています。

グリーンライフポイント制度に関して、キャスターの田中陽南は「いい取り組み」と肯定派。「それぞれ消費者が環境にいいものを選びやすくなると思う」と付与のスタートを心待ちにします。

岸壁幼魚採集家の鈴木香里武さんは、脱炭素社会の実現が加速化しているなか、これは「意外なところから取り組みに参加できる分野」と言います。例えば、森林など植物が光合成を通じて二酸化炭素を吸収するグリーンカーボンに対し、海藻など海洋生物が二酸化炭素を吸収してくれる“ブルーカーボン”などもあり、その幅広さを解説。

そして、それだけに「取ってつけたように“みんなで取り組みましょう”ではなく、それぞれの企業、自治体には強みがあるので、それを活かす。活かせるということを国なりが示す場ができてくるとより加速すると思う」と今後の新たな展開に期待していました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:堀潤モーニングFLAG
放送日時:毎週月~金曜 7:00~8:00 「エムキャス」でも同時配信
キャスター:堀潤(ジャーナリスト)、田中陽南(TOKYO MX
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/morning_flag/
番組Twitter@morning_flag

早ければ2022年スタート「グリーンライフポイント制度」とは?