恋人と過ごすクリスマスの夜は、いつの時代も憧れるものだ。いつものデートと違って、高級レストランホテルを予約する人も多いだろう。期待を膨らませながら迎えた当日、もしドタキャンされてしまったら——。

 今回は、直前になってドタキャンされてしまった2人のエピソードをご紹介しよう。‟ヒモ兼専業主夫”として生きる男性は、同棲する彼女から斜め上な理由でデートを断られたとか……。

◆準備万端でのぞんだ“ヒモ男”のクリスマス

 関西在住の和也さん(仮名・20代)は、自称‟プロのヒモ男”。看護師をしていた彼は病院勤務時代に今の彼女と出会い、紆余曲折あった末に退職。彼女に養われる身となった。

 ヒモ生活をスタートして初めてのクリスマス、和也さんはわくわくしながら当日の準備をしていたそうだ。

「ヒモと言っても、世間的には専業主夫のような生活です。彼女も看護師なので忙しく、家のことをすべて任されています。朝起きて彼女のご飯とお弁当を用意して、家事をして夕飯の準備をして……養ってもらっているからこそ、家のことはきちんとしています。あのクリスマスの日もそうでした」

 ある年の12月24日。仕事に行く彼女を見送った和也さんは、夜のデートに向けて家事に勤しんだ。彼女が帰宅したら一緒にレストランへ行く予定だったのだ。1ヶ月前から店を予約し、プレゼントも準備万端。せっかくなら、家中をきれいにして彼女を出迎えよう――。

 年末の大掃除並みに張り切っていた彼。しかし、楽しい計画は崩れ去ってしまう。

◆まさかの理由でディナーをキャンセル

「彼女が帰ってきた途端、こう言い出したんです。『ごめん、職場の先輩とおやつたこ焼きを食べちゃって、おなか空いてないの』って。はぁ!? って感じでしたよ!」

 予想外の言葉に絶句した和也さん。「夕飯はどうするの?」と聞くと、彼女からは「今日はいらない」と返ってきたそうだ。

「そこでブチってきて、大喧嘩になりました。何でそうなるの!? って頭に血が上って……その場でレストランキャンセルの連絡を入れて、2~3日は彼女と口をききませんでした」

 とはいえ、養ってもらっている身。いつまでも戦争状態は大人げないと、和也さんからプレゼントを渡し仲直りしたという。

◆結婚を目指して就職活動

「同棲生活も長くなって、今ではあまり喧嘩もしなくなりました。でもあのクリスマスだけは、今でも忘れられないですね(笑)

 結婚を視野に入れ始め、‟脱ヒモ”を目指そうと転職活動中の和也さん。今年のクリスマス自治体独自のGoToキャンペーンを使って、市内のホテルで過ごす予定だそう。

 和也さんとは逆に、致し方ない理由でクリスマスディナーをキャンセルされた女性がいる。
 
◆大雪で帰れなくなり…

「旦那と結婚する前にお付き合いしていた方とのエピソードです」

 東北在住の杏奈さん(仮名・30代)は、今の夫と出会う前に4年付き合った恋人がいた。

 トラック運転手をしていたという彼。とある年のクリスマス、杏奈さんは仕事終わりの彼とクリスマスディナーの約束をしていた。

「彼は長距離トラックの運転手で、その日は夕方までに県内に戻ってくると言っていました。私も働いていたので、お互い仕事が終わってから合流しようねと話していたんです」

 一足先に仕事を終え、帰宅してメイク直しや着替えをしていた杏奈さん。デートの準備を終えてのんびりしていると、彼からの着信が鳴り響いた。

「彼から、『雪で交通止めになって帰れない』と電話が来たんです。楽しみにしていたので、電話越しに泣きわめきました(笑)。なんで帰れないの!? って散々泣いて、もういい知らない! って電話を切っちゃいました」

 物理的に帰宅できないのだから仕方ない。そうは分かっていても、年に一度のクリスマス。杏奈さんにはショックが大きかった。

ニュースを見て青ざめた

 その日はふてくされて早々にベッドに入った彼女。しかし翌朝のニュースを見て、少し青ざめたそうだ。

「彼が足止めを食らっていた場所は、かなりの大雪だったみたいで……通行止めで車が大渋滞して、大変なことになっていました。ニュースなるほどとは思わず、すごく反省しましたね……」

 猛省した杏奈さんは彼に連絡を取り、謝罪と労りの言葉をかけたという。クリスマスは後日やり直すこととなった。

 結局その彼とは破局してしまったが、今は夫と娘に恵まれて幸せに過ごす日々を送っている。

「今年のクリスマスは、家族3人でケーキを食べて買い物に行こうと思っています。子供と旦那にサプライズを仕掛ける予定です!」

 急な仕事などで当日のドタキャンは発生してしまうもの。頭では分かっていてもショックを受けてしまうのが人間だろう。せめて理不尽な理由にはならないようにしたいものだ。

<取材・文/倉本菜生>

【倉本菜生】
福岡県出身。フリーライター龍谷大学大学院在籍中。キャバ嬢・ホステスとして11年勤務。コスプレポールダンスなど、サブカルアングラ文化にも精通。Twitter@0ElectricSheep0

―[クリスマスの恋愛失敗談]―


写真はイメージです。以下同(Photo by Photo AC)