画像はイメージ

子育ては想像以上にお金がかかるものだ。「出会ってすぐにできちゃった婚」をしたという30代前半男性は、子どもが生まれたあとの出費の多さに驚く。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

保育料6万4000円「貯蓄していこうと思っているが、結局は不安しかない」

男性は千葉県在住のサラリーマン。夫婦共働きで世帯年収1000万円を得ているが、

「結婚はまだ先と思って、貯金もお互いそこまで考えていなかった」

と明かす。そのため、いざ妊娠が判明し結婚、出産と進んでみれば、決して楽観視できない状況になってしまった。

子どもが産まれ、家の購入を検討。今後も共働きで働いていくと保育園料の額に驚愕。6万4000円ほど。住居費、養育費、生活費、これからの教育費のために貯蓄していこうと思っているが、結局は不安しかない。世帯年収が1000万円を超えても、意外に生活は楽ではない」

窮地に立たされた男性。子どもが大きくなる前に、ある程度まとまった貯蓄が必要だろう。家計の見直しを急ぎたいところだ。

「出会ってすぐにできちゃった婚。保育園料の額に驚愕。世帯年収1000万円以上でも生活は楽ではない」と30代男性