車を運転する人にとって、事故のリスクはつきものだ。海外では、ささいな交通事故のはずが大惨事に発生してしまうこともあるようだ。

 ​>>救急車が横転事故、救急隊員を飲酒運転の疑いで逮捕 輸送中の患者が死亡する大惨事に<<​​​

 米フロリダ州ボルーシャカウンティの路上で、バイクと接触した車が現場から逃走。バイクの男性が追いかけたのちに銃撃戦となった結果、逃げた車を運転していた女性が撃たれて死亡したと、海外ニュースサイト『FOX 35 Orlando』『New York Post』などが11月28日までに報じた。

 報道によると11月20日午後5時14分ごろ、35歳女性の運転する乗用車バイクと接触。バイクを運転していた40歳男性によると、女性が故意にぶつけてきたという。男性にけがはなく、軽く接触した程度、バイクは転倒していない。接触後も、女性は車を停止させずにそのまま走行を続けたが交差点で停止。男性は女性に追いつき、警察を呼ぶので車を路肩に停止させるよう呼びかけたが、女性は無視して走り去ったという。

 バイクの男性は、女性の車を追いかけた。しばらくして車は住宅前で停車。女性は自宅に到着したとみられる。女性は車を降りて家の中へ。追いついた男性も、住宅前の小道にバイクを停車させた。男性は警察に連絡しながら、女性宅へ近づいた模様。すると、女性が銃を手に持ち、自宅から出てきたそうだ。女性は「家までついてきた。私にかまわないで」と叫びながら、男性に向けて銃を発砲。男性も持っていた銃で応戦すると、銃弾が女性に命中した。女性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。女性は妊娠5カ月だったと伝えられている。

 女性を撃った男性の行動は、正当防衛とみられている。警察の発表によると、現時点で逮捕者は出ていない。事件の全容解明に向けて、慎重に捜査を進めていく方針だという。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では、「当て逃げをしておいて、被害者に銃をつきつけ
るとかありえない。自業自得」「女は銃を取りに家に帰ったのか。恐ろしい」「『故意にぶつけた』と主張している時点で、ぶつけられる前に女性と男性の間で、何か問題があったのだろう」「死人に口なし。被害者の言い分しか明らかにならない」「女性は妊婦。精神的に不安定だったと思う」「バイクの男性は被害者だとしても、警察が来るまで待つべきだ。女性を刺激しすぎ」「男性は女性宅の敷地に侵入。女性は銃撃する権利がある」「銃を持ち歩いている時点で男性にも問題ありそう」「軽く接触した程度なら許してやれよ」など、様々な声が上がった。

 事故を起こしたら、加害者被害者どちらの場合でも、相手に対する真摯な対応は必要だ。ささいな接触事故でも、対応を間違えれば、大変な事態を招いてしまう。

記事内の引用について
Police: Pregnant librarian killed in alleged road rage shooting was aggressor(FOX 35 Orlando)より
https://www.fox35orlando.com/news/police-pregnant-librarian-killed-in-alleged-road-rage-shooting-was-aggressor
Pregnant Florida woman shot dead by motorcyclist she hit with her car(New York Post)より
https://nypost.com/2021/11/28/pregnant-florida-woman-sara-morales-shot-dead-by-motorcyclist-she-hit-with-her-car/

画像はイメージです