新幹線は、中国ではたびたび中国高速鉄道と比較されている。新幹線ライバル視する中国人も少なくない。中国の動画サイト・西瓜視頻ではこのほど、世界各国を旅してきた英国人男性が新幹線を紹介する動画を配信した。動画を見て、中国高速鉄道と比較してみて欲しいと伝えたところ、中国人ネットユーザーから様々なコメントが寄せられた。

 この英国人は「新幹線は速い」と速度に感嘆している。「大阪から京都までたったの15分で到着する」と紹介した。新幹線の停車駅であるJR新大阪駅から、JR京都駅までの所要時間は約15分だ。旅慣れているせいか、スムーズに乗り降りしていて、新幹線という乗り物の便利さが良く伝わってくる。

 動画では新幹線の快適さ、短時間で都市間を移動できる利便性などを強調しているが、それだけに新幹線ライバル視する中国人ネットユーザーから多くのコメントが寄せられている。たとえば「中国高速鉄道の方が速いんだから、ぜひ体験すべきだ」、「中国にはリニアモーターカーだってあるぞ」など、中国高速鉄道の良さをアピールするコメントが数多く寄せられた。

 一方、意外にも新幹線を見直す中国人も少なくなかった。速度以外の新幹線の良さに気付いた中国人は多かったようで、「荷物制限がないし、荷物を預ける必要がなく、本数も多い。乗りたいときに乗れるのが良い」とのコメントも見られた。中国ではあらかじめ実名で予約し、荷物検査を受ける必要があるなど、手間も時間もかかるので、新幹線のような気楽さはない。

 「コロナが終息したら、自分も日本で新幹線に乗りたい」とのコメントもあり、動画を見て新幹線に興味を持った中国人がいたのもうれしいことだ。中国高速鉄道の最高営業速度は新幹線以上だが、従来線や地下鉄との乗り継ぎに関する利便性や駅の立地の良さなどは中国高速鉄道にない、新幹線ならではの強みだ。コロナが終息したら、ぜひ新幹線とも乗り比べてみて欲しいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

新幹線を称賛した英国人男性に、中国ネット民たちが示した「反応」とは