2021年に女子中高生の間で流行したヒト、モノ、アプリ、コトバをランキング形式で発表する特別番組「JC・JK流行語大賞2021」が、11月29日ABEMA SPECIALチャンネルにて配信され、2021年の各4部門におけるトップ5と“大賞”を発表した。

【写真を見る】「ヒト部門」で1位を獲得した11人組グローバルボーイズグループのINI

椎木里佳が代表のAMF社と、トレンドのリサーチが得意な“JCJK調査隊”のメンバーが、その年の流行の「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門で調査&選考し、女子中高生のあいだで流行したモノ、コトを発表する「JC・JK流行語大賞2021」では、各4部門における2021年トップ5と“大賞”を発表する授賞式の模様を公開した。

■「コトバ部門」「モノ部門」&「アプリ部門」

まずは、「コトバ部門」からで、TikTokYouTuberなどから発信された“コトバ”が多くランクインするなか、YouTuberのウチら3姉妹のとうあが発信をし、使い勝手の良さから人気に火がついた「気まZ(きまぜっと)」が1位に輝いた。番組MCの児嶋一哉は、進行を務める現役女子高生から「気まZ」を伝授され、ポーズ付きで初めて披露し、スタジオを沸かせていた。

続く「モノ部門」では、韓国にまつわるモノが複数ランクインするなか、ABEMAにて、日韓同時、国内独占無料放送されたグローバルガールズグループデビュープロジェクトGirls Planet 999:少女祭典」が1位となった。むずかしいミッションに協力しながら挑む参加者たちの一生懸命な姿勢や、プロ顔負けのパフォーマンスステージで、2021年、もっとも注目を集めたオーディション番組になった。

次に「アプリ部門」では、Instagramの動画や画像の加工ができる機能「ストーリーズエフェクト」が、1位にランクインした。2021年は“変顔”がトレンドとなり、動物や宇宙人になったような画像加工が、女子中高生のあいだで爆発的なブームとなった。

■INIが1位を獲得

最後に発表された「ヒト部門」では、スペシャルゲストで登場のINIが、みごと1位を獲得した。INIは、サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」から誕生した11人組グローバルボーイグループで、大賞を受賞した木村柾哉は、「うれしいです。“ヒト部門”1位という順位に恥じぬよう、活動していきたいです」、佐野雄大は「ファンのあたたかさや、支えられることのすばらしさを、毎日、実感しています」、池崎理人は「ファンのみなさんに選んでもらった僕たちなので、感謝を忘れず、1位に恥じぬようがんばっていきたいです」と、感謝の気持ちと今後の意気込みをそれぞれ語っていた。

4部門のランキング発表を終え児嶋は、「女子中高生のあいだで流行っているヒト、モノ、アプリ、コトバを、出演者のなかでいちばんわかっていなかったから、勉強になった。流行についていかないと、どんどん“おじさん”になっちゃうから…。これからも『JC・JK流行語大賞』に注目していきたい」とコメントした。

コロナ禍での生活が当たり前になりつつあり、思いどおりにいかない生活が続いた2021年でも、女子中高生は前向きに流行の発信を続け、そこから世代を超えて日本中でブームとなった。そんな女子中高生たちが選んだ、注目のランキングの全容を見ることができる。

※池崎理人の「崎」は立つ崎

「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」各4部門トップ5&“大賞”を発表した「JC・JK流行語大賞2021」/(C)AbemaTV,Inc.