ポケモンカード目当てで日本に来たなんて笑われるよな。でも海外では、買えるカードが少ないんだよ。店頭で目当てのカードを肉眼で見たいけど、コロナでそれも許されない状況だし。日本の方がまだ低コストカードを入手できるからさ」

 そう笑うのは、池袋で働くアメリカ出身のブレさん(仮名)だ。ブレさんは学生時代、日本に語学留学した際にアニメや漫画、寿司、侍などあらゆるジャパニーズカルチャーに感銘を受けたという。その中でも特に熱中したのがポケモンカードだ。

「現実世界と仮想世界を豊かにする」

 ポケモンカードは、ゲームソフトポケットモンスターシリーズを題材としたトレーディングカードゲーム(以下、TCG)だ。1996年に初めて発売された、日本では初の本格的なTCGであり、のちの TCGブームの火付け役になったといえる。現在では日本だけでなく世界76ヶ国で販売され、全世界で累計341億枚以上が製造出荷されている。

「最初、ポケモン日本語を勉強するためのツールの一つだったんだ。まずはアニメ、そして次にテレビゲーム……とハマっていった。ポケモンを通して友人もできたよ。だけど、ゲームオンラインが多いでしょ? でもポケモンカードだとプレイヤーの顔を直接見てバトルができるから、余計にのめりこんじゃってさ。株式会社ポケモンの企業理念はポケモンという存在を通して、現実世界と仮想世界の両方を豊かにすること。僕の世界は、本当に豊かになったよ」

 ポケモンカード目当てに海を渡ったブレさんは特殊な例に思うかもしれないが、実はそうとも言えない。いま、ポケモンカード世界レベルで大流行しているのだ。

ドハマりのきっかけは2016年ポケモンGO

 2016年に『ポケモンGO』がリリースされ、全世界的にポケモン熱が高まった。ケイティ・ペリージャスティン・ビーバーなどの海外セレブにもポケモン好きは多い。有名アーティストポケモンカード化されたり、額に入れたポケモンカードを自宅のインテリアとしてインスタグラムアップしたり。連日メディアポケモンカードが取り上げられ、プレイヤーやコレクターが急増した。

 日本でも『ポケモンGO』は社会現象になる程で、同年末に発売されたカードパック「GXポケモン」というカードタイプが追加された。これにより、いわゆる“カッコよくて強い攻撃ができるポケモンカード”が増えてルールが単純化され、新規プレイヤーの定着に貢献した。

ポケモンカードが姿を消し始めたワケ

 2018年7月には、カードセット「GXスタートデッキ」が500円で9種類発売された。発売時期も夏休み前で、子供のお小遣いでも買える値段設定だったため、更にプレイヤー人口を増やした。これを機にYouTube上で俳優や、芸人、人気YouTuberたちがポケモンカード開封動画プレイ動画を投稿し始めたことも人気増加の一因になっている。

 そして同年、ポケモンカードカードショップから姿を消し始めたのだ。

 新作や再販が告知されたオンラインショッピングではわずか2秒足らずで売り切れてしまう程だ。今までにも入手困難なカードはあったものの、ここまでの過熱ぶりは初めてだった。

 そしてこの流行は拡大し続け、いまでは各地で混乱を巻き起こしている。

子供が転倒、警察出動…熾烈なポケカ争奪戦

 2021年7月22日、全国のポケモンセンターで「Yu NAGABAコラボピカチュウプロモカード」が1500円以上の購入者に配布された際には、多くの人がポケモンセンターに集まり、開店と同時に店内へと流れ込んだ。並び列を無視した割り込み行為も頻発し、子供が巻き込まれて転倒したり、階段から落ちたりなどして、警察が出動する騒ぎにまで発展した。

 9月24日にも、発売された新弾拡張パック「ポケモンカードゲーム ソード&シールド フュージョンアーツ」を巡って熾烈な争奪戦が繰り広げられたという。発売前夜のコンビニではこんな嘆息も聞こえてきた。コンビニ店員は「正直、滅入ります」と暗い顔でこう語った。

「8月頃から、ポケモンカードの在庫確認や予約の電話が増えてきました。そのうち入れ替わり立ち替わり来店客が、ポケモンカードの新作の在庫を聞いてくるようになって……。発売前なんだから在庫もなにも入荷していませんし、予約できる商品でもないんです。でも意に添わない回答をすると舌打ちされたり、暴言を吐かれたり。嫌になっちゃいます」

 

 発売日当日も大変だったようだ。

「ちなみに当日は21時に入荷してすぐに売り切れました。どこも同じような状況らしく、さっき来たお客さんはウチが20軒目だと嘆いていましたよ。こういうことが続くとね、カードゲームの取り扱いを中止せざるを得なくなりますよ」(同前)

ポケカ犯罪が頻発 犯人のあきれた「言い分」

 中には、ポケモンカード狙いの犯罪で逮捕者も出ている。大手紙社会部記者が解説する。

3月23日、東池袋のカードショップ『BIG MAGIC』で、時価100万円相当のポケモンカード約80枚が盗まれました。窃盗容疑で逮捕された男性(28)は、ビルの屋上からロープを垂らして下り店舗の窓を破り侵入。取り調べに対して『カードは高く売れる』と供述しています」

 7月13日早朝にも、埼玉のカードショップカードショップティーガー」で同様の事件が起きている。取材に応じた店主が当日の様子を振り返った。

「戸締りはしていましたが、個人店なので机の上に鍵を置きっぱなしでした。その日はちょうど『新弾』の発売日だったのですが、机の上の未開封のボックスには触れず、ショーケースにいれていた高額なカードだけをごっそり持って行かれていました。遊戯王や他のカードもありましたが、ポケモンカードが多く盗まれていました。ポケモンカードに関する知識があるようなコレクターではなく、金目当ての転売ヤーの仕業だろうと思います」

ポケモンカードの“異常な転売価格”

 こうした犯罪の背景にあるのは、ポケモンカードの“異常な転売価格”だ。ポケモンカードの価格は青天井で高騰し続けており、“ポケカバブル”の様相を呈しているのだ。

 特に転売で値段がつきやすいのは「SA(スペシャルアート)」カード。「HR(ハイパーレア)」や「SR(スーパーレア)」のレアリティカードの中には、オリジナルイラストが描かれたカードがごく僅かに存在し、そのカードを「SA(スペシャルアート)」と呼んでいる。

「9月に発売された新弾拡張パックは、それほどレア度は高くありませんが、それでも発売前にはすでにネット上で2倍の値段で取引されていましたよ。千葉県リサイクルショップが発売3日前に『すでに販売している』と宣伝し、炎上していましたし。炎上したからさすがに売っていないよな、と思って発売前に店に行ったら、150円(税込165円)のカードを、370円(税込407円)で販売していました。

 SA(スペシャルアート)は、非常に人気が高いカードです。入手困難の中でも、さらに手に入らなくて、通常のレアリティカードより高値で取引されています。1枚10万で買い取るなんてよくあります。朝買い取りして昼にはそのカードが売れる。買いたい人、売りたい人で店内は常に混んでます」(カードショップ店員)

ポケカ1枚が4000万円 海外でのけた違いな“爆上がり”

 150円のカードが10万円に吊り上がるのだから、それだけでもすごい話だが、海を越えるとその転売額は桁違いに“爆上がり”する。

「現在出ているものとカード背面が異なる『旧裏カード』で、状態が綺麗なものでは100万円を超える金額で多数出品されています。希少価値の高い限定品はさらに高値がつくことも多く、世界に100枚しかない『ゼクロムGX HR プロモカード』は200万円以上で取引されています。

 海外でも、こういった限定商品が人気なんです。しかも日本限定発売のカードなんかは海外の方が購入率が高い。日本と比べてコレクター人口が多いこともあって、取引額もウンと跳ね上がります。日本円で約4000万円のカメックスが落札された時は話題になりましたね」(前出・カードショップ店員)

強奪未遂、偽造カード…激しすぎる事件

 また、日本と同様に海外でもポケモンカードを巡って事件が発生しており、その内容もより過激になっている。

 アメリカでは2021年5月、MLB(メージャーリーグカードを購入した男性が、カードショップを出た直後に4人の男に襲われた。男性は拳銃を取り出し身を守ることができたが、これら一連の騒動を受け、アメリカ小売り大手「Target」は同様の事件が起こる危険性があるTCGポケモンカードMLBNFLナショナルフットボールリーグ〉、NBAナショナルバスケットボール・アソシエーション〉)の店頭販売停止を決定した。

 11月23日には中国・上海浦東国際空港で、7.6トン以上もの偽造ポケモンカードが押収されたこともあった。偽造カードヨーロッパ各国へ販売しようとしていたようで、知的財産の侵害に関する商品の中では最大級の量だった。

 冒頭で話を聞いた、池袋で働くアメリカ出身のブレさんが嘆く。

「好きなものを通して好きな人と直接繋がれる最高のツールなのに、誰かのお金を生むだけの道具になったり、誰かに迷惑をかけるものになったり、犯罪の原因になって誰かが悲しんだり。これじゃ現実世界も仮想世界も全然豊かじゃないよ」

 12月には、新弾パック「VMAXクライマックス」や、すぐに遊べる100種類のスタートデッキが発売される予定だ。“ポケカバブル”ははじけず、また混乱を招いてしまうのだろうか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

「Yu NAGABAコラボのピカチュウプロモカード」