新型コロナウイルスの感染拡大によってテレワークが広がり、在宅勤務での空き時間を利用する副業で新たな収入を得られるとする「副業サイト」がネット上で話題になっている。

 なかには「人気副業ランキング」といったサイトまで登場しており、その人気は過熱気味だ。しかし、一部の副業サイトでは約束されていたはずの収入をまったく得られないことも多く、国民生活センターなどの公的機関には多くの相談や苦情が寄せられているのが実態だ。

 副業を始めた一部の利用者たちは、「多額の(副業の)サポート費用を支払ったにもかかわらず、まったく収入が得られない」などとして訴訟に踏み切るケースも出ている。原告は増加する一方で、一部では副業サイトの運営会社を相手取って集団訴訟が起こされる事態となっている。

◆ ◆ ◆

高額のサポート費用を払っても収益はまったく得られず

「家から出られない今だからこそ、みんなに内緒の秘密の給料日!」

「自由な時間でまずは1日…¥10,000を目指し、月収¥1,000,000は通過点」

「やることは下記の3ステップ! Step1スマホ操作撮影したモノを送信→Step2収益設定 その日の晩に 朝起きて→Step3収益発生」

 副業サイト運営会社「woods(ウッズ)」は、「LIBERTY(リバティー)」「FINE(ファイン)」といった名称のサイトで、こうした誘い文句を使ってコロナ禍での副業に関心のある希望者を募集していた。

 参加者には「送信した写真や動画に広告がつき、この広告会社からの広告収益が今回の報酬となるのです」などと説明。さらに、「ここからが重要なポイントです!」としたうえで、「送信先のシステムにはAI(人工知能)を採用しています。(中略)送信したデータが自動的かつ優先的に引き上げられるためどんなものでもOKです」と手軽に写真や動画を送信するだけで広告収入を得られると強調していた。

 しかし、副業を始めた利用者の一部は、“副業を支援する高額のサポート費用”を支払ったにもかかわらず、収益がまったく得られず「詐欺的だ」と主張。被害を訴える30人がwoodsを相手取り、集団で総額約2700万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴する事態となった。被害を訴える人はまだ多く、さらに追加提訴の動きもある。

サポート費用が高額なほど稼げる」と提案

 原告たちの訴状から再現すると、利用者はまずLINEアカウントに登録し数千円の初期費用を支払う。すると、woodsの担当者から電話があり有料のサポートプランを提示される。サポート費用が最も安いのはプラン名「エントリー」でサポート日数30日、費用20万円、想定総収益25万円となっている。続いて「ベーシック」で同40日、同40万円、同75万円。

 サポートプランは「ゴールド」「プラチナ」などとグレードアップしていくに従い、サポート日数と費用、想定総収益が上がっていくシステム。最高ランククラスでは、「キング」でサポート日数90日、費用180万円、想定総収益723万円。最上位は「プレミアム」でサポート日数は120日で費用は空欄、想定総収益は「ASK」となっている。

 woodsの担当者は、「サポート費用が高額なほど稼げる」と提案したという。

「弊社カリキュラムでは完全個別対応でスタートアップのお手伝いをさせていただき、みなさまにはプロの担当をお付けし一緒に開始をしていただきます」と勧誘していた。多くはサポート費用が高いプランに誘導していたが、利用者が逡巡したり、ためらっていると、「収益からすぐに返せるから大丈夫」などと消費者金融の利用を指示して副業をスタートさせたケースもあった。

約190万円を支払ったが副収入はゼロ

 関西地方の個人事業主の30代男性は、今年4月にサイトに興味を持ち、「副収入を期待して申し込んだ」というが、「ほとんど収益を上げられなかった」と実態を明かす。

 男性は担当者からキングプランを提示され、「約190万円を支払った」と憤る。

「副業の内容はイヌやネコなどの動物の動画の編集でした。字幕を入れるほか再生時間を短くするなどの編集をした。サポートの電話は4月中旬あたりに合わせて約10回。ただ、サポートの内容は(ネットなどで)調べれば分かるようなことばかりでした。もちろんこのような作業で稼げるわけがなく、結局、副収入はゼロでした」

 さらに、「今となっては後悔の気持ちが大きい。カネは当然、返してほしい。ただ後悔だけでなく、気持ちが落ち込んでしまって、以前のように(本来の)仕事をがんばろうという気がなくなってしまいました」と、精神面での変調についても語った。

消費者金融から借金。毎月5万円以上の重い返済だけが残った

 関西地方の医療機関に勤務している20代の男性も副業を始めたのは4月だった。

「稼げるまでサポートしますとのことだったので、消費者金融で1回の借り入れ上限の200万円を借りて、支払いました。『サポート期間が長く、高いプランの方がよい。間違いなくカネを回収できる。1カ月では無理だが、2カ月で全額返済できる』と言われました」

 副業の内容は同様に動画の編集で、YouTubeから動画を切り取って、お笑いグルメなどを扱ったという。そのうえで収益は得られなかった実態を明かす。

「『動画を投稿して再生回数で稼ぐ』と説明され信じていました。いま考えると絶対にありえないんですが…。動画を20~30本ほど編集しましたが、2~3週間で収益は40~50円程度。サポートの電話は4~5回程度で、内容はありませんでした」

 LINE登録すると、20人ぐらいグループ参加者がおり、「収益を上げている人も多いね」「不安があるが入会しました」「みんなでがんばろう」などと書き込まれていたという。「今から振り返ると、この書き込みをしていたのは全員サクラだったのではないかと思う」と振り返る。

 男性は「借金をしてしまい(金銭的だけでなく)気持ちの負担は大きい。将来のことを考えると不安です。(副業を始める前の)半年前に戻りたいです…。いったん落ち着いて考えるべきでした。いまはとにかくカネを返してほしい」と訴える。

 現在はwoodsとの関係は絶っているが、毎月5万円以上の重い返済だけが残ることとなった。

「少しでも家計のプラスになればと…」

 九州地方の30代の主婦も同様に4月に副業を開始したが、「5月には『これは詐欺だ』と気づいた」と打ち明ける。

「まだ子供が小さいので、在宅で出来るということだったので始めました。少しでも家計のプラスになればと思ったんです。YouTubeの動画を加工して、AIが値段をつけてくれて、『1日に3万円は稼げることもある』という話でした。がんばって稼ごうと、動画を1日に20本ぐらい作業しました。2~3週間ぐらいがんばって、280本ぐらいは作ったと思います。

 プラン代(ブラック)は130万円とのことでした。『これで570万円は稼げる』という説明でした。手持ちのカネがないと話したら、消費者金融を2社紹介されました。それぞれ50万円ずつ借りて100万円を振り込んだんです。すると『(プラン代との差額である)残りの30万円は免除』となりました。その代わり『稼いで残りを払ってほしい』とのことでした」

 570万円の副収入を得るはずだったが、結局のところ得たのは500円だった。今となっては「支払う段階で気づけばよかった」と後悔している。

「会社にはカネを返してほしいと言いたいです。サラリーマンの夫には、副業の失敗と消費者金融での100万円の借金の話を打ち明ける訳にはいかないですし…。とても相談できる状態ではありません」

 前出の200万円の借金をしてしまった男性同様に、毎月約3万円の返済だけが残ることとなった。この主婦の場合は借金だけでなく、家族に対しての後ろめたい気持ちものしかかることとなった。

「稼げるまでサポートします」の繰り返しで返金には応じず

 東北地方で物流関係の会社に勤務する30代の男性も4月からグルメ関係の動画の編集を始めたが「すぐにおかしいと思い、5月上旬にはやめた」と打ち明ける。

「稼げなかったら『返金保証がある』ということだったので、『カネを返してほしい』と電話したんです。すると、『稼げるまでしっかりサポートします。返金は出来ません』と言われました」

 その後も、「払ってもらった以上、稼げるまでサポートします」との繰り返しで返金には応じてもらえなかったという。

 男性は数年かけて蓄えた貯金から200万円を取り崩してサポート費用として支払っていた。「親たちと一緒に住んでいる実家暮らしだが、家族には誰にも相談できない。1人で抱え込んでいる」と胸の内を明かした。

 woodsの代理人の弁護士に訴訟についての見解を求めたが、期日までに回答はなかった。

 woodsを相手に訴訟を起こしている原告の代理人、中山雅雄弁護士は、「手持ちのお金がないと言っている人には、消費者金融で無理に借りさせているところが悪質だ。サポートといってもほとんど実質的な内容はないに等しい。(先方の)対応次第では警察当局へ訴えることも考える」としている。

《音声公開》「あなたが作業しなかったんじゃないですか」「馬鹿にしないでくださいよ」…コロナ禍での“副業詐欺” そのアコギな実態とは? へ続く

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

※写真はイメージ ©iStock.com