「120人も統治するなんて俺にはとてもできない」と言ってしまう“首相・岸田文雄”をなぜ日本政治は生みだしたのか から続く

 11月30日に就任した立憲民主党新代表の泉健太氏。衆議院選挙での敗北を受け、共産党との協力関係の是非や党の立て直しなど山積する課題に直面している。2022年の夏に訪れる参院選に向け、再建を目指す野党と、対する与党。東京大学名誉教授の政治学者・御厨貴氏は、それぞれの「課題」を指摘した――。

◆◆◆

「安倍さんがなぜ怒るのか、鈍感な岸田さんにはわからない」

――政界は、来年夏の参院選に向けて動き始めています。各党の現状を、どうご覧になっていますか。

御厨 まず自民党を見ていて感じるのは、派閥の在り方が変わったことです。

 ふりかえれば平成は派閥が衰退した時代で、全盛期はその前の昭和でした。30年以上前の話だから、みんな忘れているか、そもそも知らない若い人も多い時代です。ただし当時がいまと違うのは、派閥の長がみんな総理大臣の候補だったことです。

――安倍元総理が細田派を引き継いで、安倍派を作りました。

御厨 その理由は、岸田総理が安倍さんの出身である清和会系の細田派から閣僚を選ぶ際に、安倍さんに近い連中を外したことにあります。あれは岸田総理があまりに鈍感だからこそできた人事で、せいぜい「細田派から人を選んだからいいじゃないか」くらいにしか思っていません。「細田派の中でも安倍さんに近い人を入れないと……」という発想がない。なぜ安倍さんが怒っているのか、岸田さんにはわからないのだと思います。

 そこで安倍さんは、自ら派閥の長になって「安倍派だぞ。90人も抱えてるんだぞ」ともっとわかりやすく脅かさなければダメだと考えたんです。総理を退いた人が最大派閥を率いるのは、自分の派閥を手放そうとしなかった田中角栄が唯一。派閥は常に次の総理候補を立てるので、退任した総理経験者は不要なんです。

 しかし第2次政権の安倍さんは、安倍派を牛耳ってから総理になったわけではありません。派閥のボスだった町村信孝さんが出馬したので自分は脱藩したあげく、町村さんを蹴落として勝ったんです。つまり清和会にとっては裏切り者なのに、10年たったら当然のように戻ってくる。しかも、安倍さんの3度目の登板を望む空気はありません。わがもの顔で引っかき回すトップに、派閥の中にいる人は心中複雑です。

代表が率いる立憲民主党の行く末は…

――野党第1党の立憲民主党は、泉健太さんが新しい代表に選ばれました。何か変わるでしょうか。

御厨 今回代表選でわかったのは、結局、立民は「枝野商店」で、枝野社長が辞めたあとに残った人はどんぐりの背比べだということです。本当の修羅場を経験していない人たちの執行部では、百戦錬磨の自民党に手玉に取られる可能性があります。

 立民の代表選に出た4人は、揃って共産党との共闘見直しを口にしました。それに対して共産党の志位委員長は、「公党が公式に結んだ合意は、国民への公約だ」(11/26朝日)と反発。しかし、泉代表は就任後も「前回の総選挙に向けて交わしたものと理解していて、現時点で何かが存在しているとは思っていない」と記者会見で答えるなど、両者の微妙な距離が浮き彫りになっています。

 この先、小選挙区での共闘はありうるかもしれませんが、自公連立のように国政まで広げるのは無理です。野党が共闘しなければ、政権は取れません。しかし単に立民と共産が協力する程度の怪しげな枠組みでは、政権交代は実現しないでしょう。

 今回の衆院選で当選した議員の多くは、共産から票をもらわなかったら落選していたはずです。新しい票を開拓するよりも既成の団体から票をもらうほうがどんなに楽か知ってしまった。この人たちは、もう「提携を切る」なんて言えません。自民と公明が、お互いに離れられないのと一緒です。すると立民の行く末は、分裂だと思います。絶対に共産党の票が必要な人と、なくても当選できる人は、もはや一緒に戦えないでしょう。

なぜ自公政権は20年以上も連立できるのか

――自公政権は、ますます盤石というわけでしょうか。

御厨 野党の「協力」に比べ、与党のそれはもっと綿密に組まれた強固なものですからね。

 たとえば、公明党の大臣ポストは、1つと決まっています。国家にとって重要な財務や外交、防衛は与えず、国民に近い厚生労働や、最近ではずっと国土交通です。これは、自民党にとっても都合がいい。党内の特定の議員や派閥に任せると、利権が集中してしまう分野だからです。

 公明党の課題は、戦う目的が見えないことでしょう。政権を取るとか、この法案を通すという目的があれば選挙も頑張れますが、マンネリ化してくると議員にとっては辛い。現在のように既得権益を守るためだけの選挙では、ただでさえ高齢化している創価学会員を動かす要素が少なくなってきています。

維新の会の弱点と、国民民主党の“落とし穴

――衆院選で議席を4倍に増やした日本維新の会や、野党共闘と一線を画そうとしている国民民主党はどうですか。

御厨 維新は風が吹いて当選しただけで、しっかりした「後援会」があるわけではありません。したがって、次に違う風が吹いたらどうなるか、現状ではまだまだ安定感はありません。

 維新が今後伸びるとしたら、自民党と違った形の組織を作ることです。維新の特徴は、「地方の首長たちの政党」であるところ。それは彼らの弱点でもあって、外交ではわかりやすく強硬な姿勢である一方で、いざ内政のことになると漠然と「改革」としか言えないのです。要するに首長さんたちの政党だから、それぞれの地域で何を改革したらいいのかがバラバラなまま。

 それゆえ、今後地方の首長たちがそれぞれできることから始め、課題を明確にしていくことができれば、「自民党の補完」にはならない、独自の存在感を持った勢力になる可能性があります。

 地方を重視し、各地方に届くような政策を地道に立案していくなら、中央ばかり向いている自民党はまず敵いません。逆に、それを抜きに「憲法改正だ」「防衛力の強化だ」と“空中戦”ばかりいっていると、地方に近いという“足もと”の強みを生かせず、うまくいかないでしょう。

 国民民主については、立民が左に寄りすぎて割れるとすれば、また一緒になりたいと言う人たちが出てくるはずです。いまのところ国民民主だけでできることはありませんから、まずは現在の路線を保つことです。自公と連立を組むなどは、考えないほうがいい。それをやるとかつての新自由クラブなどと同じく、飲み込まれて独自の色を失って消えてしまう結果になります。玉木代表は、その点に注意したほうがいいと思います。

岸田総理「提出期限ギリギリの宿題」

――参院選では、何が争点になるでしょうか。

御厨 岸田総理の言う「新しい資本主義」や「成長と分配の好循環」は、茫漠としていて意味がわかりません。この国をどうするかといった大きな話は、岸田さんには似合わないんです。もっと具体的に絞り込んで、中期的に「これをやるんだ」と中身を示さなければダメです。それには、政策立案を得意とする宏池会政治家や官僚をいかにうまく使うかがキーになるでしょう。

 就任し、選挙も終わり、国民もそろそろ岸田総理を落ち着いてみるようになっています。だから、年が明けるまでにそうした中期的目標を示せなければ、「あ、この人、何もしない人なんだな」と思われてしまう。

 わかりやすい例は第2次安倍政権。早々に物価目標などを掲げた「アベノミクス」を打ち出し、何年以内にこういうことを進めるのだと明示しました。年明けとともに新しい課題に向けて動き出せるようにするには、もう年内が「提出期限ギリギリ」なのです。

 公明党に乗せられて現金のばら撒きを続けても、国民の不満は解消できません。公平性に重きを置いた経済政策をきちんと出していければ、参議院選挙は乗り切れると思います。

迫る参院選…野党が絶対言ってはいけない言葉

――野党に勝機はありますか。

御厨 いまの彼らの状況にすれば、まずは政府の提案した法案や政策に対して、どれだけ有効な修正をかけていけるかが勝負です。ろくに勉強もせず、自民党が出してきた法案や政策は全部バツだと罵倒する態度では、国民の共感は得られません。官僚にも頭を下げて政策について勉強して、法案に修正を加える力を身につけるところから始めることです。

 その中で、立民なら立民のカラーが出てくると思います。もともとは社会保障などに強く、国民生活の近いところに影響を及ぼすだけの集団です。このまま雲散霧消しないためには、まずはそこからです。

 その意味で、しばらくは絶対に大きく掲げてはいけないのは「政権交代」という言葉。もちろん掲げたい気持ちは分かりますが、現状は有権者も分かっています。今回、自民党が一部選挙区で掲げた「政権交代より世代交代」ではありませんが、まずは政策力の地力をつけ、「脱・枝野商店」となる自分たちの方向性を見出していくこと。

 世の中に大きな問題が生じなければ、政権が中程度の政策を出し、それに騒いでいるうちに与党がそのまま勝って、岸田政権が安定的に維持される可能性があります。野党にとっては、まずは確実に政策を修正し、争点に結びつけていけるかどうかがポイントでしょう。

◆◆◆

構成=石井謙一郎

(御厨 貴)

「安倍派」を立ち上げた背景には、岸田首相の“鈍感さ”があるという ©文藝春秋